東京・二子玉川にある日本で唯一 菓子業界が設立した学校

お菓子
教室1年制 / 2年制

お菓子教室

お菓⼦の専⾨学校で基礎を学ぶ

製菓衛⽣師の資格までは必要ないけれど、製菓製パンを基礎から理論的に勉強したいという⽅にお勧めです。「お菓⼦教室」といっても、実際にお菓⼦の専⾨学校に登校してプロの先⽣から指導を受けますので、専⾨学校⽣と同じ気持ちで学べることでしょう。

菓技術コース2年制〜本校通信教育部が独⾃に運営するお菓⼦教室〜

製菓・製パンの知識と技術の習得を⽬指します

本校に登校してスクーリングを受講するお菓⼦教室です。スクーリングでは製菓製パンの材料や製造に関する理論を勉強しながら、製造技術を基礎から学びます。その内容は通信教育課程 「製菓衛⽣師コース」と同じですので、製菓衛⽣師と同等レベルの学習をすることが可能です。趣味としてのお菓⼦作りからプロのレベルを⽬指したい⽅にもお勧めです。

菓技術基礎コース1年制〜「製菓技術コース」の1年⽬の基礎授業のみ受講するコース〜

和洋菓⼦の基礎知識と基礎技術の習得を⽬指します

「製菓技術コース」の1年⽬を受講して修了となります。和洋菓⼦の基礎を理論的に勉強したい⽅にお勧めです。修了時には「製菓技術コース」2年⽬への編⼊学も可能ですので、ご都合に合わせて学習を継続することができます。

クーリング登校授業

スクーリングでは通信教育課程 製菓衛生師コースと同じ専任教師が同じ授業内容を直接指導しますので、基本から正しい技術と知識を学べます。また、自宅でのお菓子作りに関する疑問点などを気軽に質問できる環境ですので、失敗の原因なども直ぐに解決できることでしょう。

教科 学習内容 対象コース
学科 製菓理論 砂糖や粉類、卵、油脂、チョコレート、餡などの製菓材料について詳しく学びます。
また、配合や仕込み、焼成方法などの製造理論についても詳しく学習します。
共通
教科 学習内容 対象コース
実習 和菓子基礎 餡の作り方、練り方から蒸し菓子、焼き菓子、寒天を使った菓子など、基本製品を作ります。
餡練りと包餡の技術を身につけることが目標です。
共通
洋菓子基礎 クッキー、スポンジ、バターケーキ、シューなど、基本の製品を作ります。
卵の泡立てから粉合わせ、絞りやナッペの基礎技術を身につけることを目標とします。
共通
製パン基礎 バターロールやクロワッサン、ハード系などのパンを作ります。
生地の捏ね方や発酵について、基本的な学習を進めます。もちろん焼きたてのパンを試食します。
製菓技術コース
洋菓子 2年目のテキストから幅広い分野の製品を合計14品程度作ります。
より専門的な技術と知識を学習し、プロのレベルを目指します。
製菓技術コース

※実習ではテキストの製品を1日2品程度作ります。(半日の場合は1品程度)
※製品は通信教育課程 製菓衛生師コースと同じ内容になります。
※原則2名1テーブル制です。(製パン基礎は3名1テーブル)
※設備・道具はすべてプロ仕様ですので、最高の環境で実習することができます。
※個人で作った製品はすべてお持ち帰りいただきます。(宅配サービス有り:着払いのみ)

受講日数と開講時期

製菓技術コース
・1年目9回・2年目9回 2年間合計18回となります。
製菓技術基礎コース
・1年目9回のみとなります。 ※製菓技術コースへの編入学が可能です。
開講月
初回9月・10月・11月・1月・2月・3月・5月・6月・7月
※3月は年度により開講できない場合があります。2月に2回の開講となります。
※各月の開講時期は年度により異なります。原則土曜日となります。(祝日の場合有り)

授業教科と時間数

授業時間
9:00~16:00(昼休み12:30~13:20)
※授業の進行上、昼休みの時間は前後することがあります。
  • 1年目製菓技術コース/製菓技術基礎コース 共通

    教科 回数 単位 時間数
    学科 製菓理論 9 半日 36
    実習 和菓子基礎 4 半日 12
    洋菓子基礎 4 半日 12
    洋菓子(デモ) 1 半日 3
    1年目実習時間数 27
    1年目合計時間数 63
  • 2年目製菓技術コース

    教科 回数 単位 時間数
    学科 - - - -
    実習 洋菓子 7 全日 49
    製パン基礎 2 全日 14
    - - - -
    2年目実習時間数 63
    2年目合計時間数 63

初心者でもわかりやすい「オリジナル教材」をご用意

1年目教材(製菓技術コース/製菓技術基礎コース共通)※テキストは通信教育課程 製菓衛生師コース1年目と同じものを使用します
種類 内容 冊数
ガイドブック 学習の方法やスクーリングについてなどのガイダンスブックです。 1
実習テキスト
(和洋パン基礎)
和菓子、洋菓子、製パンの基礎となる製品の教科書。製品総数42品
和菓子:水羊羹、利久饅頭、どら焼き、栗饅頭、串団子、おはぎ、葛饅頭など
洋菓子:クッキ-、バターケーキ、シューアラクレーム、ガトーフレーズなど
製パン:食パン、バターロール、パネトーネ、ゼザムブロート、ブリオッシュなど
*製パンの授業は2年目となります
1
製菓衛生師全書 製菓衛生師法に基づいた学科、製菓理論、製菓実技の教科書 1
2年目教材(製菓技術コースのみ)※テキストは通信教育課程 製菓衛生師コース2年目と同じものを使用します
種類 内容 冊数
実習テキスト
(洋菓子2)
洋菓子34製品と洋菓子製菓理論の教科書です。
マドレーヌ、モンブラン、ショコラバナーヌ、エンガディナー、ムーストロピカル、
レーリュッケン、ポワソン、チュイールオザマンド、ガレットオーブールなど
1

修了認定

すべてのスクーリングを履修すると、修了認定をいたします。
※製菓技術基礎コースを修了した方は、製菓技術コースへの編入学が可能です。
※通信教育課程 製菓衛生師コースへの編入学はできません。
※在籍期間の延長及び休学制度はございません。
※未履修科目がある場合は修了保留または除籍となります。

卒業後の特典

修了認定された方は、通信教育卒業生限定の勉強会(洋菓子・和菓子・パンの実習授業)、学校主催の講習会(デモンストレーションのみ)に参加することができます。(有料)
お菓子作り・パン作りのさらなるレベルアップ、生涯学習の場として活用していただけます。
また、本校卒業生の同窓会に入会することもできます。(同窓会誌発行・講習会のご案内)

洋菓子

和菓子

製パン

入学要項

入学資格

中学卒業以上。またはこれと同等以上の学力を有すると認められた方。
※留学生や外国籍の方は、日本語能力について確認をさせていただきますので、事前にご連絡ください。

入学時期・入学定員・入学申込期間・修業年限・卒業月

※在籍期間の延長及び休学制度はございません。

  • 製菓技術コース
    ●入学時期
    4月〜7月
    ●定員
    15名程度
    ●入学申込期間
    1月10日~6月末
    ●修業年限
    約2カ年
    ●卒業月
    翌々年7月
  • 製菓技術基礎コース
    ●入学時期
    4月〜7月
    ●定員
    15名程度
    ●入学申込期間
    1月10日~6月末
    ●修業年限
    約1カ年
    ●卒業月
    翌年7月

学費

※学費には入学金10,000 円、授業料、実習費、諸経費(教材費・通信費・光熱費・設備費など)が含まれます。
※スクーリングにかかる交通費、宿泊費、昼食代などは含まれません。
※教材発送後は理由を問わず、学費の返金もしくは他に充当いたしませんのでご了承ください。

  • 製菓技術コース
    ●一括払い
    165,000円
    ●分納初回
    103,000円
    ●分納2年目
    62,000円
  • 製菓技術基礎コース
    ●一括払い
    103,000円
    ●分納初回
    -
    ●分納2年目
    -

必要書類

  • 製菓技術コース
    ●入学願書
    ●アンケート
  • 製菓技術基礎コース
    ●入学願書
    ●アンケート

申込方法

①必要書類を本校通信教育部宛にて郵送してください。
 ※資料請求をしていない場合はご請求ください。入学願書、アンケート、1年目スクーリング日程などをお送りします。
②入学審査ののち、入学を認められた方には、入学許可証と学費納金のご案内を発送します。
③所定の期日までに納金してください。
 ※教材発送後は理由を問わず、学費の返金もしくは他に充当いたしませんのでご了承ください。
④教材発送は4月1日以降となります。

資料請求 体験入学はこちら