パティシエ技術学科全⽇制 1年

パティシエ技術学科

洋菓子の基本技術を学ぶのはもちろん、カフェで使えるスイーツやラテアート等の実践的な内容も学びます。
いち早く業界で活躍したいと考える方に対して、実践的な実習を中心としたカリキュラムで、即戦力として活躍出来る技術者を養成いたします

⽬指す資格

■食品衛生責任者資格

実践的なカリキュラムで
基本の技術を身につける

習時間

1年間で効率よく現場で活躍する人材に

基本の技術を繰り返して学び、習得できるように指導していきます。
前期の実習ではスポンジ、クッキー、シューなどの基本となる生地の「なぜそのようになるのか?」を製造理論と実習から学びます。後期は習得した技術に加えて理論も活かし、自由な発想で菓子づくりにチャレンジします。さらに喫茶(カフェ)へ提供できるデザート菓子は基本を応用した製品をつくり上げていきます。1年間の授業で培った技術が自分自身の自信につながり、即戦力になっていきます。

びのポイント

  1. 少人数制実習

    1テーブル3人の少人数制実習は、授業時間を無駄なく濃密に使うため。
    チームでの実習は、製菓の現場で必要なコミュニケーション力も養うことができます。

  2. 洋菓子に特化

    短期間の修学で洋菓子を学ぶコースです。
    現場で必要不可欠な基礎技術や、新しい発想の糧となる製菓理論を学びます。

  3. 実習80%のカリキュラム

    卒業後は製菓現場で即戦力となることを目標に、基礎技術を身につけられる実践的なカリキュラムを実施します。
    授業時間の80%以上は実習を行い、着実な技術向上を目指します。実習のほかには、現場で活きる接客や喫茶、経営学なども学びます。

実習(1,012時間)
洋菓子A 生菓子
(スポンジケーキの基本、シューやパイの基本と応用)
焼菓子
(クッキーやバターケーキの基本と応用)
洋菓子B 前期の応用
欧州の伝統菓子、
カフェで活用出来るデザート菓子
チョコレート菓子やコンフィズリー、
外部講師の授業
菓子応用 和素材を使用しての菓子、
デニッシュ等のイースト菓子
学科・その他(250時間)
ゼミナール 喫茶(カフェ)
(珈琲、紅茶の基本~応用~実践)
ラッピング
語学
(フランス語、ドイツ語)
製菓理論 歴史も含めた製菓理論と製造理論 
材料学 基本材料の知識
社会教育 ガイダンス(就職指導等)
工場見学
展示会見学、衛生学、栄養食品学
経営学 接客、マーケティング、販売