東京・二子玉川にある日本で唯一 菓子業界が設立した学校

就職・資格

和菓子の仕事

  • どんな仕事

    和菓子職人とは、日本の伝統的な和菓子を作る職人の事です。

    和菓子の主役とも言える餡(あん)を中心に小麦粉の他に上新粉、白玉粉、きな粉、わらび粉、葛粉などいろいろな粉類、また季節の果実、寒天も欠かせない材料です。
    このような多種多様の食材を使って「蒸す」「焼く」「練る」などの技法によって、目で見て美しく、食べておいしい和菓子を作り出すのが和菓子職人の仕事です。
    また、和菓子は茶道とともに発達してきた歴史もありますので、ただのお菓子というだけではなく、そこには芸術的な要素も加わります。味もそうですが美しさを要求されるのが和菓子の世界です。
    和菓子職人とは、このような日本文化をお菓子で表現する芸術家ともいえるでしょう。
    中でも和菓子が大切にしているのは、季節感の表現です。
    夏には涼しげな水ようかんなどの流しもので涼やかさを、秋には柿や栗を使い、季節感を表現します。

  • やりがいは

    文化を受け継ぎ、後世に伝える一翼を担っています。

    和菓子職人といってもサービス業の1つです。サービス業に共通するのは、お客さまに喜んでもらうことが何よりの励み、やりがいになるということです。
    中でも和菓子は店頭に並んでいるだけで目を引く美しさがあるため、お客さまの感嘆や喜びの顔を直接伺い知ることができます。
    自分が丹精込めて作った和菓子に感動してくれる表情を見たり、感謝の言葉をもらったとき、本当にこの仕事に就いて良かったと感じる事でしょう。
    和食文化や日本の芸術が世界的に評価されている昨今、その融合ともいえる和菓子にも注目が集まっています。
    季節の変化を菓子という小さな世界に表現する、日本古来の伝統。
    和菓子職人はその文化を受け継ぎ、後世に伝える一翼を担っているのです。
    長い歴史の目で、また世界的な目で見ても価値が高く、そこにやりがいを感じる人も多く見受けられます。

  • 就職先は
    どんなところ

    和菓子店、和菓子メーカー、菓子商品開発、菓子専門学校などの教育機関、和喫茶、材料メーカー、製菓機器メーカーなど
    日本菓子の就職先はこちらから

製菓技術学科

活躍する先輩たちINTERVIEW