ハイテクニカル科全⽇制 1年

在校生インタビュー

クラス全員が自分で考え、積極的に動いて授業を進めていきます

watanabe.jpg
日菓専は歴史のある学校で安心感があり、実習室が広くて作業しやすいところに惹かれました。周囲に有名なお菓子屋さんが多く、とくにハイテクニカル科に進学してからは、製品のプロデュースの仕方や店内の配置を見たりして、お菓子づくりのモチベーションを保っています。ハイテクニカル科では、クラス全員で作品をつくり上げます。個々の製品をひとりで担当することも多くて、先回りして用意したり、ほかの人の仕込みを確認したり、積極的に動かないとついていけない授業です。担任の先生とも一緒にいる時間が長くなり、より幅広く深いお話をするようになりました。休み時間もお菓子の話題がつきないのですが、今年のハイテクニカル科は留学生が多くて、文化の違いを学んだりしています。ハイテクニカル科では、外部のコンテストにも出場します。ジャパンケーキショーでは、賞を目指して必死に頑張りました。個人練習の習慣がついたので、今でも自主的にマジパンの技術向上のために励んでいます。自分が辛いときにはお菓子が元気をくれたし、自分がつくったお菓子で友達が元気になったこともあり、そういうお菓子をこれからもつくっていきたいです。
watanabe2.jpg
渡辺 香穂里
ハイテクニカル科
製菓技術学科卒業
鹿島学園高等学校出身
花まつりスイーツコンテスト
全国青少年教化協議会賞 受賞