東京・二子玉川にある日本で唯一 菓子業界が設立した学校

製菓技術
学科全⽇制 2年

在校生インタビュー

自分のつくったお菓子をいただく茶道の授業が楽しみ。
より深く和菓子について考えるようになりました

sakai.jpg
私の実家は和菓子屋で、もともとお菓子をつくることに興味がありました。学校には私以外にも地方出身の学生や留学生が多くて、すぐに仲良くなれました。和菓子科では月に1回、ゼミナールの授業で茶道を学びます。前日に自分でつくったお菓子を使うので、たとえば茶席で食べやすいお菓子と食べにくいお菓子があることなどを実感しました。2年生の学園祭では和菓子体験係を担当しました。1年生を引っ張る立場で、全体を見ながら計画を立てることが大変でしたが、よい経験でした。就職先ではお店独自の製菓技術も学ぶと思うので、包餡などの基礎的な要素をしっかり身につけて卒業したいです。
sakai2.jpg
坂井 春菜
製菓技術学科 2学年 和菓子科
兵庫県淡路三原高等学校出身