東京・二子玉川にある日本で唯一菓子業界が設立した学校

ブログ

';

ブーランジェリーパティスリー

みなさんこんにちは。
製パン科担当千葉です。
学生の中には留学生もいて、国も様々。
ですので私達職員も勉強になる事がたくさんあります。
つい最近の事ですがタイ出身の留学生に
「バンコク」の話を聞いたとき、とても驚いたのは
タイでは「バンコク」ではなく「クルンテープ」というそうです。  しかもこれは略称で
正式名称は
「クルンテープ・マハーナコーン・アモーン・ラタナコーシン・マヒンタラーユタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラッタナ・ラーチャターニー・ブリーロム・ウドム・ラーチャニウェート・マハーサターン・アモーンビーマン・アワターンサティト・サッカタットティヤ・ウィサヌカム・プラシット」書いていて合っている自信がない程長い名前ですね。
いろいろな文化に触れられてとても勉強になります。
それでは本日も製パン科の授業風景をお届け致します。
本日は製菓実習。洋菓子科平岡教師の授業です。


ブーランジェリーパティスリーを目指し、まずは絞りから。
慣れていないと魔法の様に見えるみたいです。


何回か絞りの練習をしていざ本番。


ガイドラインを作って同じ長さになるように絞ります。


焼き菓子は今やベーカリーの定番です。
しっかり覚えてね。


本日の製品です。サブレアラポッシュ。


ローズバット・シェル・バトンと3種の絞りを教わりました。
美味しそう。


洋菓子の実習では特に道具の使い方をきっちり習います。
絞り袋の扱い方でパンのスキルも格段に上がります。
洋菓子もパンも垣根がないという意識をもってこれから
も勉強していきましょう。
それでは本日はこの辺で失礼致します。
製パン科担当千葉でした。

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ