ブログ詳細

ブログ詳細

オープンキャンパス日程一覧

2018年09月30日(日) | ブログお菓子にまつわるエトセトラ

日本の四季と和菓子の関係性


古来より日本人は季節の移り変わりに対して敏感であり、四季を感じて生活をしてきました。和菓子はそんな四季折々の気候を感じられる趣深いお菓子です。今回は和菓子の魅力についてご紹介します。

四季と和菓子
和菓子は季節を先取りして表現するものです。桜餅や桜の形をした生菓子が店頭に並ぶことで、春の訪れを感じることができます。夏になれば葛を使った和菓子が作られます。透き通った質感は水の流れを連想させて涼しげな印象を受けます。その姿、風情から涼を感じとる。日本人の自然に対する感性が感じられますね。和菓子には旬の素材や四季を味わうこころが込められています。1年を彩る和菓子をご紹介していきます。
・季節ごとの和菓子の特徴
【春】
赤や黄色、緑などの色鮮やかな色彩を使用し、梅や桜などの花を模り春の訪れを知らせます。
桜餅、葛餅、草餅などが春の和菓子です。
【夏】
夏の暑さをしのぐため見た目に涼が求められます。寒天や葛が用いられます。
柏餅、ちまき、水羊羹、葛きりなどが夏の和菓子です。
【秋】
栗や芋の季節であり、その素材を生かした和菓子が多く作られます。
ききょう餅、栗ようかん、栗きんとん、月見団子などが秋の和菓子です。
【冬】
雪や雪景色を見立てた和菓子が多くなります。雪餅などが冬の和菓子です。
おしるこ、雪餅、いちご大福などの和菓子があります。

和菓子は五感の芸術
 『和菓子は五感の芸術』というのは全国和菓子協会第二会長黒川光朝が提唱した言葉です。四季の移ろいを感じられる見た目の美しさ(視覚)・口に広がるまろやかな美味しさ(味覚)・手触りや口に含んだ時の噛み心地や舌触り(触覚)・天然素材によるほのかな香りや移り香(嗅覚)・和菓子の名前の元になった和歌や俳句の心地の良い言葉の響きを和菓子の名から感じることができる。(聴覚)
といったように和菓子は「視覚」「味覚」「触覚」「聴覚」「嗅覚」の五感で感じることができるのです。
和菓子はただ美味しいだけではなく、彫刻のような繊細な細工が施してあり、芸術と呼ぶのにふさわしいものと言えます。

和菓子の味わい方とは 
主に和菓子は生菓子と干菓子の2種類あります。それぞれの味わい方は以下の通りです。
・生菓子の味わい方 
生菓子は「黒文字」で切っていただきます。「黒文字」とはクロモジの枝をスティック状に削ったものです。この黒文字は触ってみると、しっとりと湿っています。これは水に濡らすことで木の色や香りが引き立ち、餡や皮がくっつかないようにするための配慮がされているからです。また、生菓子は3~4口で食べきるように切りましょう。切る際には右上斜め左下方向に指すことでお菓子の形を崩さず綺麗に保つことができます。
お饅頭や最中の場合は黒文字を使わずに片手で懐紙ごと持ち、割って食べるようにしましょう。串団子を食べる際には菓子楊枝を使って団子を抜き、串や楊枝で1個ずつ刺して頂きましょう。菓子楊枝がない場合はそのままお召し上がりくださいという意味です。
・干菓子の味わい方
干菓子はそのまま手でいただきます。小さいものは一口でいただきましょう。大きいものは手で一口大に割って食べ、手が汚れた際は懐紙でふき取ります。
和菓子を食べ終えたら、懐紙は小さく折って持ち帰ります。黒文字が添えられている場合は黒文字を内側に折りこまれるように懐紙を畳みましょう。

和菓子に込められた意味を考えながら丁寧に味わうことがおすすめです。 
▲ページTOPに戻る

所在地
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21
TEL.03-3700-2615(代) FAX.03-3700-8257

トップに戻る