ブログ詳細

ブログ詳細

オープンキャンパス日程一覧

2018年07月25日(水) | ブログお菓子夢工房

製パン授業:試験練習

学校は前期の授業も期末試験も全て終了し
学生達は楽しい夏休みに突入しましたが
猛暑続く中でも職員一同は今日も元気に
働いいます( ノ゚Д゚)ヨッ! 。

今日は前期の最後に製パン授業で行われた
実技試験課題の練習を見てみましょう。
1学年Cクラスの学生達の様子です。


パン科の迎井先生が初めて実技試験を受験
する学生達に細かく説明とアドバイスをし
てくれています。



中家さんが材料の計量をしています。
計量ミスをすると、製品が出来ないですか
ら注意深くしっかり確認しながら計ります



宮嶋さんが生地を仕込始めています。
各自で試験時間内に終了できるかを一つ
ずつ確認しながら作業をしていきます。
( ´∀`)bグッ!



生地を捏ねる黄さん。
しっかり捏ねないと良いパン生地が出来
上がりません( ・∀・)ノ



こちらは手前が三原さん、後ろが平野さん
です。二人とも同じ様な作業をしています
が、力加減や捏ね方や体温でも生地の出来
上がりは変化します。
1テーブルに1人で作業していくので、自
分のタイムスケジュールをちゃんと考えな
いと時間内に終了出来なくなるかもしれま
せん(゚Д゚≡゚Д゚)



劉君が成形に入りました。
バターロールの形ですね( ゚ω゚ )



こちらは大野さん、劉君とは少し形が違い
ますね。成形は個性が出るので採点する先
生(迎井先生)も大変です(_´Д`)ノ~~



山本君は編みパンの成形中です。成形する
順番も決まっていて、発酵が難しい?遅く
なるものから成形していきます。



迎井先生が神藤君に指導しています。授業
だけでは理解しきれない部分が出てくるの
で、個別に指導して試験を万全な体制で受
けてもらえるようにします。



成形作業が終わった栗原君。
発酵室に入れて最終発酵を取ります。
手早く上手に出来たのでしょうか?
(´∀`∩)↑


最終発酵がしっかり取れたら、焼成前に卵
を表面に塗っていきます。
強く卵を塗ってしまうと、生地が傷ついて
しまい、膨らんだパン生地が萎んでしまい
ます。慎重に作業してくださいΣd(゚∀゚d)



釜入れも自分達で行います。
温度や時間を確認して、試験の時に役立て
ます。



焼成中。。。。。。。



窯出し中。
生地の状態や焼き色を確認してだしていき
ます。
火傷に注意して( ゚Д゚)⊃



釜から出した製品を持って1枚
神藤君、ちゃんと出来ましたか?迎井先生
からレクチャーしてもらったから大丈夫で
すね(´∀`*)ノ



焼き上がった学生達の製品、1人で最初か
ら最後まで作りました。
4月に入学したときはパン生地に触れたこ
とも無かった学生達もいたのですが、今回
の出来を見ると成長したことを実感します
ね( ´∀`)bグッ!

現在学生達は夏休み中なのですが、9月か
らの新学期までに前期に覚えた技術や知識
を保ってくれるでしょうか?
長期の休みに入ると、毎年休み明けに授業
を行うとレベルダウンした学生達に困惑し
ます。まぁ、1~2回授業をすれば感を取
り戻すのですけどね┐(´д`)┌

今回は製パンの授業を紹介しました。次回
は洋菓子の内容をお伝えしたいと思います
今回はこの辺り失礼いたします。
1年Dクラス担任の中村がお送りしました。


▲ページTOPに戻る

所在地
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21
TEL.03-3700-2615(代) FAX.03-3700-8257

トップに戻る