東京・二子玉川にある日本で唯一菓子業界が設立した学校

ブログ

';

2019年度 製菓衛生師コース 13-12/16

ホームページの関係で更新が遅くなり、申し訳ありません<(_ _)>

12月16日(月)3日目

★Merry Christmas★ 

and Happy new year~

~1年目の方は【食品衛生学⑥】【栄養学④】

講師は前回と同じく、中田先生橋本先生でした。


~2年目の方は【洋菓子⑦】

実習テーマは【シートスポンジ】

【モンブラン】【ツィトローネンシュニッテン】 

幾度となく登場の酒井先生が担当です!


では、初心に帰って、スポンジの泡立てから~

人間、つらい時ほど笑顔になって、乗り越えようとするものですね。
皆さん、頑張っています!!

粉合わせも、慣れたものですね!手付きが良いです(*^^*)


鉄板に流して、焼き上げましょう。

ココアのスポンジ生地も仕込み、同様に焼き上げておきます。

こちらのココア生地は、モンブラン用のロールケーキ。

まんべんなく、ナッペしましょう。

栗を散らして、巻き上げます。


巻いた後、紙を使って締めることで、余計な隙間がなくなり、きれいなロールに♪

冷蔵庫で冷やしておきましょう。

上に絞るカスタードクリームを炊いて。

藤井先生が、炊きあがりの見極めを伝授!

生クリームと混ぜ合わせて、カットしたロールにこんもりと絞ります。


マロンクリームを専用の口金で絞れば…


ラム酒のアクセントが大人の味わいな、モンブランです(*^^*)


こちらは、レモンクリームとホイップしたバター、イタリアンメレンゲ。

これらを混ぜると、レモン味のバタークリームの出来上がり♪

はじめに手立てしたレモン風味のスポンジと、レモンバタークリームを交互にサンド。

平らな仕上がりになるよう、横からも上からもチェック!

​全体にも塗っておきましょう。

側面には、ローストしたスライスアーモンドを付けます。


上面は、仕上用に取っておいたレモンクリームで仕上げます。

ピスタチオを飾って完成です(*^^*)

ツィトローネン シュニッテンという名前は、
ツィトローネン(レモン)シュニッテン(長方形のお菓子)という意味

とても分かりやすい、菓子名ですね(^▽^)

3日目お疲れ様でした。
明日もがんばりましょう!! sugi

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ