東京・二子玉川にある日本で唯一菓子業界が設立した学校

ブログ

';

学園祭 ~五ッ盛コンテスト~


久々の更新です。(サボっていたわけではありませんよ。汗)


夏の暑さも去ることながら、
秋の風も気づけば冬の訪れを感じる今日この頃になりましたね。


さて、11月と言えば、本校の一大イベント「日菓祭」。

今年は台風の影響で残念ながら中止となりましたが、

校内コンテストは予定通り行われました。



和菓子科のテーマは、五ツ盛「春・夏・秋・冬」

各自が選んだ季節を「5つの色」「5つの味」「5つの形」でお菓子の折を構成し、仕上げていきます。

今日はその様子を覗いてみましょう。





こちらは島仲くん。
練っているのは、甘いお餅「雪平(せっぺい)」でしょうか。
お餅は按配を取るのが難しいですし、雪平の特徴である「白さ」を出すのも技術がいります。
頑張って練ってくださいね!





こちらは山口(紫)さん。
作っているのは、薯蕷饅頭ですね。

山芋を使った白くキメの細かいお饅頭。こちらも難しい製品ですが
2年生の皆さんにはお手の物ですね。(?)
綺麗に蒸しあがる事を期待しています!






こちらでは姚くんが「羊羹」を流していますね。




そして固めた羊羹を綺麗にカットしています。
どのような製品が出来るか楽しみですね!





こちらは陳さん。
練切がとても綺麗ですね!
順調に仕上がっている様で一安心。





川村くんも練切の仕上げに入っていますね。
「桜」でしょうか?綺麗ですね~
最後まで気を抜かずに!





鈴木さんも最後の仕上げ中。。
集中していますね~
色がとても可愛いです!





大河内くんも練切の仕上げ中。
真剣です。。




大野さんは道具の使い方に悪戦苦闘中(?)
落ち着いて頑張ってください!





清水くんは焼印の仕上げでしょうか。
焼印は一発勝負、、、緊張して手が震えないようにね!





さて、作業をしてる風景はこの辺にして

ここからは学生が仕上げた作品の一部をご紹介。




「牡丹」 作・王さん
花びらの感じも色合いもすごく綺麗ですね~
つい見とれてしまいます。





「みかん」 作・王さん

またまた王さん。みかんも可愛く出来てますね!
中から見えているのも本物みたい!





「鯉」 作・楊くん

これまた芸が細かいですね~
手先の器用さが伺えます。





「夏空」 作・新垣さん

カモメと入道雲がよく出来ていますね!
薄い青色もまさに「夏空」
思い出や風景が脳裏に浮かぶような作品ですね。




それではここからは賞に入った作品をご紹介。


今年はだいぶ票が割れたようですが、厳選なる審査の結果、4作品を選出。

賞に入るのが全てではありませんが、一生懸命作って、「ついてきた結果」というのも大切です。

入賞した皆さんおめでとうございます。





最優秀賞・「秋」 大河内くん







優秀賞・「里の秋」 田邊さん







技術賞・「春」 川村くん







技術賞・「秋」  ハンヒランさん







大衆賞・「半夏生」 楊くん

※大衆賞:学生全員の投票において一番多く選ばれた作品に贈られる賞





ここに載せれなかった作品も良いものばかりでしたし

お饅頭も包めなかった皆さんの成長と2年間の集大成を感じた1日でした。よく頑張りましたね。


コンテストで作るような作品は、お店売りには直結しなくても

作り方、配合、按配、成形、、、などなどすべてにおいて出来なければならないゆえ

作ってみて気づく事、勉強になる事も沢山あります。


右往左往しながらも

四苦八苦しながらも

不安と緊張と戦いながら初めて作った五ツ盛は、

これから先も忘れる事のない良い思い出になると思います。

本当にお疲れ様でした。

そして入賞した皆さんおめでとうございます。

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ