ブログ

';

2019年度学園祭コンテスト

9月に上陸した台風の影響により本年度の学園祭は、お客様をお迎えしない事になりました。
学生達は担当セクションこそ無くなりましたが、コンテストは本年度も行われました。

2年和菓子科は「五つ盛り」、2年洋菓子科は「マジパンデコレーション」、
製パン科は「飾りパン」それぞれの舞台で技を競いました。

1年は創作菓子デザインコンテストにチャレンジしました。
本校は製菓製パン学校なので、絵が上手だから入選する訳ではありません。
独創性、創造性のあるデザインを選ぶように心がけています。

コンテストのみの今年は、デザインコンテストにも投票して貰い
(例年は2年と製パンの技術コンテストのみ投票)得票数の一番多い学生には、
大衆賞がおくられます。

まずは1学年全体から13点を選びます。
選考は1学年担当の職員。
11名の職員が選ぶので、結構票がわれました。

更にそこから7点に絞ります。
最終的な順位は、校長先生にも入ってもらい決定しました。

それでは入賞作品をご覧下さい。

「最優秀作品賞」1名
Bクラス有村さん。

写真が変な角度でスミマセン。
ラミネート加工をしてあるので、反射しない角度で撮りました。

続いて
「優秀作品賞」6名
クラス順にお届けします。

Bクラス長井さん。


Bクラス仲嶋さん。


Cクラス譚さん。


Dクラス尚さん。


Dクラス新谷くん。


Dクラス陳さん。


なんだ全員絵が上手いじゃないか…デザインで選んだんじゃないか?
と言うご意見が聞こえそうな位、皆さん絵が上手です。
ですが、内容も個性的で良く考えられています。
最初の数年は技術で差が出ますが、最終的には味の組み合わせや
アイディアが大切になります。
そういった意味でも内容で選ばれた7名だと思います。

入賞者の作品は年末まで学生ホールに展示してあります。
ご来校の際は是非、足をお運び下さい。

今日の1枚。

Cクラス鄭さんの作品。
44票を獲得して見事受賞しました。
鄭さんの作品は当日入賞が決定したので説明文がありません。
作品名は「かぼちゃケーキ」です。

11月21日には進級時の最終専攻があります。
先輩方の作品をみて凄いと感じた様に、来年は和洋決めた道で皆さんが中心になって
下級生や来場者の皆さんを感動させる様な学園祭にしましょう。

皆さんお疲れ様でした。

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ