ブログ

';

パフェとサンデーの違いって知ってる?


洋菓子店やファミリーレストランなどで見かけるデザート「パフェ」と「サンデー」。それぞれ見た目はあまり変わりがありませんが、どのようなちがいがあるのでしょうか?
今回は、パフェとサンデーの違いについてご紹介します。

パフェとは
パフェとはフランス語の「パルフェ(parfait)」を英語読みしたことが由来しています。フランスで親しまれていたアイスクリームや果物、ソースなどをお皿に盛り付けた氷菓が発祥と言われています。
フランスで生まれたパフェは、日本で見るパフェとは見た目が異なります。日本にパフェが伝わったのは明治時代と言われていて、伝来した当時はフランスの「パルフェ」と同じ様相だったようです。その後、日本独自の進化を経て、細長い容器にアイスやフルーツを盛り付けた形となりました。
日本のパフェは、フランス料理の「ヴェリーヌ」という調理法を取り入れています。ヴェリーヌとは、料理を透明な容器に食材を重ねて層を作り、視覚と味覚に変化をつける調理法です。

サンデーとは
サンデーとはアメリカで誕生したデザートです。小さな容器にアイスクリームやフルーツ、ナッツ、チョコレートをトッピングしたものが発祥と言われています。材料は見た通り、パフェとあまり変わりはありません。
1892年ニューヨーク州のイサカで、アイスクリームにチェリーソースやチェリーのシロップ漬けを乗せたものを「チェリーサンデー」と名付けた記録が残されています。また、毎週日曜日に販売していたことから「サンデー」という名称がつけられたという諸説もあるようです。
パフェとは違い、サンデーの伝来した経緯や日本での進化などははっきりとしていません。

日本でのパフェとサンデーのちがい
どちらも材料が同じであるパフェとサンデー。日本でも気軽に食べることができますが、日本ではこの2つにどのような違いがあるのでしょうか 。
実は日本では、パフェとサンデーの違いやその境目はありません。お店で「パフェ」「サンデー」と名称して出されているものは、お店の判断で販売されているのです。
一般的に、長細い容器に入れたものがパフェ、小さい容器に入っているものがサンデーと分けているお店が多いようです。しかし、中には小さい容器の方をパフェと名付けているお店もあるため、容器の差だけでは判断できません。チェーン店のファミリーレストランで提供されているものも、そのお店によって異なります。 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ