ブログ

';

2019年度 製菓衛生師コース 6-8/23

皆さん、こんにちは。
本日8月23日(金)より、 
2019年度製菓衛生師コース 第2回スクーリングがスタートしました!
また5日間、楽しみながら頑張りましょう(*^_^*)

~1年目の方は【食品衛生学】【栄養学】~

【食品衛生学】 講師 中田先生


【栄養学】 講師 橋本先生



~2年目の方は【洋菓子④】~

テーマは【バターケーキ】
【レーリュッケン】【フィナンシェ】

【マドレーヌ】【リンツァートルテ】 

担当は、尾崎先生です。


こちらの、なみなみした型は、レーリュッケン
2種類の生地を仕込み、はじめにココア生地から絞り入れます。


その上に、アーモンド風味のバターケーキを絞ってオーブンへ!


レーリュッケン型は、下に足が付いており本体が宙に浮いているため、
下火をやや強めにして焼き上げます。

山田先生がオーブン担当です。

型にスライスアーモンドを貼り付けて焼き上げると、こんな模様になります。

底になる部分をV字にカットして、バタークリームを薄く塗り、
生地を戻して仕上げましょう!
表面に塗っているのは、キルシュ入りのシロップです。

セロハンでラッピングして、完成(^o^)/


ココアやアーモンドの風味と、クリームに入ったキルシュの香りがとてもよく合う、
大人のバターケーキです(*^_^*)


次はリンツァートルテ

各々で仕込をしますので、材料がたくさん!!
入れ間違え、入れ忘れに注意しましょう。

生地を半量絞った上に、ラズベリージャムを絞り入れ、平らにならします。
 
残りの生地を絞り、クルミを振りかけて焼成します。

クッキー生地に赤いジャムを組み合わせた「リンツァートルテ」が一般的ですが、
少しバターケーキっぽくアレンジされた、オリジナルのリンツァートルテです。


続いてはフィナンシェの生地に加える、焦がしバターの様子をお届けします!
バターが溶けた後も加熱を続けると、水分が飛び、ブクブクと泡立ってきます。

焦がしバターを作りつつ、その他の材料を混ぜておきましょう。

引き続き加熱中のバターは、細かな泡で覆われ、徐々に茶色く色付きます。
この頃には、独特の香ばしい香りが立ち上り、教室中がいい香りに包まれていました(^^)

好みの焦がし具合になったら、余熱による色づきを止めるため、鍋底を水につけましょう。

混ぜておいた生地と合わせて、全体を均一に混ぜます。
このまま休ませて、午後に焼きましょう。

お昼ご飯を食べてパワーチャージしたら、先ほどの生地を焼いていきます!
まずはマドレーヌから♪
鉄板と接している部分から熱が伝わり、膨らんでいく様子がお分りいただけるかと思います(^o^)

焼き上がりがこちら!
ポコンと膨らんだ形が、マドレーヌの特徴ですね♪

鉄板がたくさんありますので、狩野先生もお手伝い中です。


レモンの香りが爽やか❤


フィナンシェも、型に絞り、焼成しましょう。 

フィナンシェは、フランス語で「お金持ち」や「金融家」等の意味があり、
この形も、金塊に似せて作られていると言われています。

積み上げると、インゴット感が増しますね(笑)

1日目、お疲れ様でした。
このところ天候が不安定で、登下校には傘が手放せないような空模様が続いていますね。
明日は晴れるかな…? sugi

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ