ブログ

';

2019年度 第3回勉強会

皆さん、こんにちは!
ここ数日、梅雨の晴れ間の青空が広がっていますが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、昨日開催された勉強会のご報告です。

6月13日(木)製パン勉強会が開催されました。

テーマは「食事パン・フランスパン」です♪

【もっちり極食パン】【塩バターロール】【ミニバタール・ベーコンエピ】

担当は昼間部製パン科担任の千葉先生です。


勉強会では、ミキサーを使って生地を捏ねていきますので、一度に出来上がる生地が大量!!

捏ね上げ直後の生地に触れて、状態を確かめましょう。

こちらは塩バターロールのソフトフランスパン生地。

一つずつ丸めていきます。

バターロールのように細長いしずく形に生地を伸ばし、バターの塊を芯にして巻きましょう。

異物混入防止の青いラップに乗っているのが、そのバター。これを1かけら、まるまる食べてしまうわけですね…

岩塩をひとつまみかけて焼きましょう!

バターがジュワっと溶けながら、パンの底がカリカリに焼き上がり、バターの風味と
程よい塩気がたまらないおいしさです(^^)v

こちらはデモンストレーションのベーコンエピ

ベーコンの長さまで生地を伸ばして包み、端までベーコン入りのエピを目指しましょう!

ミニバタールも同じような長さに成形し、ホイロで発酵させます。


ベーコンエピは、生地をはさみで切りながら左右に振り分けることで、麦の穂の形が出来上がります。

左から、焼き上がりがノーマルな穂(二つ)、かわいい穂、痛い穂、だそうです(笑)

皆さんも、一つずつ仕上げに挑戦!


ミニバタールも、クープと呼ばれる切れ目を3本入れます。

クープの長さや深さ、間隔など、熟練の技が必要な工程です。

フランスパンは、鉄板に並べて焼くのではなく、パン焼き窯へ生地を直接入れて
焼くことによって、独特の焼き上がりが得られます。


焼き上がったエピをオーブンから取り出します。

巨大なスコップのような道具で、一気にどっさり取り出しましょう!

受講生の方にも体験していただきました。
柄が長~いため、周りの方はやや離れて見学中(^◇^;)


こんがりと焼けて、とてもいい匂い♪

オーブンから出したては、パンからパチパチと音が鳴っていました(*^_^*)


こちらは生地を大きく分割して・・


そう、もっちり極(きわみ)食パンです!

湯種(ゆだね)といい、湯で捏ねた生地を加えて、もちもち食感を出した食パンです。

型の8分目程まで発酵したら、フタを閉めてオーブンへ!


焼き上がってオーブンから取り出したら、高い位置から型ごと落として、パンにショックを与えます。

この工程で、パンに含まれていた熱い空気が一気に抜けて外気と入れ替わり、
ケーブインと呼ばれる、パンの側面が凹んでしまう現象を防ぐことができます。

見事な黄金色の食パンが焼き上がりました(^o^)/

クリームも配合されていて、甘みがあり、柔らかな食感が楽しめる、
にっかせん特製「生食パン」です!

受講された皆さん、お疲れ様でした。
今年度初めてのパンの勉強会でしたが、平日開催にも関わらず
たくさんの方が参加してくださいました。
次回のパン勉強会は来年1月ですが、和菓子・洋菓子の勉強会は年内まだまだ続きます!
次回は来週、6月22日(土)です。お待ちしております(^o^) sugi


ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ