ブログ

';

2019年度 第1回勉強会

皆さん、こんにちは。
今日の東京は、朝から大雨・強風と、大荒れの空模様ですが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、通信教育卒業生の方々対象とした勉強会。今年度も大勢の方にお申し込みいただきまして、誠にありがとうございます。
昨年同様、ブログを通じて、参加された皆さんの様子をご紹介していく予定です!それでは、初回の様子をご報告いたします!

5月18日(土)和菓子勉強会が開催されました。

隔年で開催している長崎カステラ♪毎回キャンセル待ちが出る、人気の回です。
【長崎カステラ】【鹿の子】

本日の担当者は、ベテラン福本先生岩佐先生

始めに型枠の準備をし、その後は、生地の仕込み、焼成工程までを、一気にデモンストレーションしていただきます。

カステラの焼成は、ただ型に流して焼けばいいわけではありません。


分厚い生地を均一な厚みに焼き上げるため、「泡切り」という工程を3回、時間差で繰り返します。

この工程のために、オーブンの鉄板は、引き出して使うことができる仕様になっています。

表面に良い焼き色がついたら、枠や鉄板を重ねて、じっくりと火を通します。

途中、型の前後を入れ替えたり、蒸気を抜いたりして、焼き上げ時間はおよそ60分!!カステラは手間暇掛かったお菓子なのです。

どうですか!このきれいな色!!

枠から外して、冷ましましょう。

一度ひっくり返してから型紙を剥がし、もう一度返します。

艶やかな仕上がりに、思わず歓声が(^o^)/

今度は、皆さんの出番です!


ミキサーで泡立てた卵は17個!!

ふるった小麦粉は、泡立て器を使って、大胆かつ手早く混ぜ合わせます。

粉合わせの塩梅をチェック!このあと、ふるいに通してダマなどを取り除き、焼成です。


型枠に流したら

ヘラで、まぜまぜ~まぜまぜ~

枠の中で、生地を上下・左右入れ替えるように混ぜます。

焼き上がってひっくり返したら、枠や、底と側面の紙を剥がし
板を被せて、エイッと、もう一返し!!
上に乗った艶出し紙を取れば…
ジャジャーン!!!立派に焼き上がりましたv(^^)v

冷めたら切り分け、包装しましょう。
2人1組で、4斤のカステラができる枠を1台作りましたので、お一人様2本の持ち帰りです♪

カステラ専用の箱に詰めて完成です!

和菓子職員のみならず、洋菓子職員(と、その家族?)にも根強いファンを持つカステラ。

ポルトガルから長崎に伝わったのに、洋菓子ではなく和菓子なのは、カステラが伝わった時期が
明治以前だから(諸説あります)ということですが、伝来後、先人たちがより美味しく改良し、今に至っていることでしょう。

こちらは、カステラが冷めるまでの間、おまけの一品。

牛皮を白餡で包み、まわりに蜜漬けの栗やうぐいす豆をくっつけます。

艶出しの寒天でツヤツヤに(^^)/


お好みの蜜漬け豆を使えば、バリエーションが広がる鹿の子です♪

受講された皆さんお疲れ様でした。
久しぶりの勉強会はいかがでしたでしょうか。
卒業期が違う受講生の方が、同じ班で作業するうちに仲良くなるなど、
卒業後も、お菓子を通して輪が広がることが、勉強会の魅力の一つではないかと思います。
次回は明日、5月22日(水)、23日(木)平日開催の洋菓子です。お待ちしております! sugi






ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ