ブログ

';

九州男児

みなさんこんにちは
製パン科担当千葉です。
お金はいくらあっても
困らないといいますが
いくらまであるのだろうと
疑問に思い、調べてみました。
・一(いち)・十(じゅう)
・百(ひゃく)・千(せん)
・万(まん)・億(おく)
・兆(ちょう)・京(けい)
・垓(がい)。
ここまでは私も知ってました。
続きまして
・秭(じょorし)・穣(じょう)
・溝(こう)・澗(かん)
・正(せい)・載(さい)
・極(ごく)・恒河沙(ごうがしゃ)
・阿僧祇(あそうぎ)
・那由多(なゆた)
・不可思議(ふかしぎ)
・無量大数(むりょうたいすう)
初耳の単位が多いです。
ちなみに
全世界のお金を集めても
垓には届かないそうです。
そして「不可思議」
を書くとこうなります

「10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000」
ゼロありすぎ。
それでは本日も製パン科の
授業風景をお届け致します
たまには職員の授業も。

製パン科の優しき九州男児 
迎井先生の授業です。


なにやら生地を型で抜いている
ようです。何ができるのでしょう。

 

更に跡をつけています。
変わった製法ですね



次はプレッツェルの成形です
バランスが大事



次は牛刀で切ってますね。
パン生地も包丁で切ることが
あるんです。



仕上げにクープ(切れ目)
をいれて窯入れです。



本日の製品です。
型抜きの正体。
ロゼッタソフィアータです。



ドイツパンの象徴
プレッツェル



フランスの
パン オ ヴァン



このように製パン科の授業でも
1年間で世界各国のパンから
流行のパンまで、250種類以上実習します。
しかし紀元前4000年の
バビロニアではすでにあったとされている
パンの歴史では現在まで
5000種類以上といわれています。
到底全てを網羅する事は不可能ですし
教える事もできません。
いやーパンって面白い。
それでは本日はこの辺で失礼致します。
製パン科担当千葉でした。

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ