ブログ

';

2018年度 製菓衛生師コース 6-8/24

皆さん、こんにちは。
本日8月24日(金)より、 
2018年度製菓衛生師コース 第2回スクーリングがスタートしました

在籍生の皆さん、朝は台風の影響で、時折激しい風雨の中での登校となりましたが、
また5日間、楽しみながら頑張りましょう!!

1年目の方は【食品衛生学】【栄養学】
【食品衛生学】 講師 中田先生


【栄養学】 講師 橋本先生


2年目の方は【洋菓子④】

テーマは【バターケーキ】

【レーリュッケン】 【リンツァートルテ】 【マドレーヌ】【フィナンシェ】

はじめは、レーリュッケンから​
2種類の生地を仕込み、波模様のような細長い型に絞り入れます
はじめに、ココア入りのダコワーズ生地

その上に、アーモンド風味のバターケーキを絞り、焼き上げます


中心まで、しっかり火が通ったかどうか、確認中
上手に焼けましたか?

レーリュッケンの仕上げでは、ちょっとひと手間♪
底の中央をV字に切り取ります

切りすぎに注意しましょう

キルシュのシロップとバタークリームを塗って生地を戻します


表面に粉糖をふったら出来上がり

レーリュッケンには、「のろ鹿の背」という意味があります

次はリンツァートルテ

全て、各々で仕込みます

生地を半量絞った上に、ラズベリージャムを絞り入れて 
​ 
平らになるように絞りましょう

残りの生地を絞り、クルミを振りかけて焼成します


見た目は素朴ながら、味わい深いお菓子です


続いてはフィナンシェ
ブールノワゼット(焦がしバター)を作ります

牛乳が沸騰するように全体が泡立ってから、茶色く色付いていきます

卵白やアーモンドプードル、粉糖などを混ぜた生地を作り、


先ほどの焦がしバターを加えます

江頭先生もお手伝い

焦がし具合いによって、お菓子の色や風味が変わりますね

フィナンシェ型に絞って焼成しましょう!


パティスリーではお馴染みの焼き菓子ですが、
焼きたての香りや味は格別です!!


マドレーヌ​は、生地を仕込んだら常温で休ませてから、焼いていきましょう


ベーキングパウダーの力で、中央がポコっと膨らんできました!


爽やかなレモン風味のマドレーヌです

1日目、お疲れ様でした
午前中の荒天も収まり、明日には蒸し暑さが戻りそうですが、
体調に気を付けて頑張りましょう!!
明日もお待ちしております sugi




ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ