ブログ

お金持ちのお菓子?

こんにちは、気がついたら梅雨が明けてい
て、猛暑が続く今日この頃ですが皆様いか
がお過ごしでしょうか?
ι(´Д`υ)アジィー

今回は小さな焼き菓子に注目してみます。
「フィナンシェ」洋菓子店には必ずといっ
て良いくらい置いてある超メジャーな焼き
菓子です。


「フィナンシェ」はフランス語で金融家と
資産家・お金持ちの意味があります。

何で?そんな名前なのかと言うと、環境説
と見た目説の二つが有力だと言われていま
す。
環境説は、19世紀にフランス・パリの金
融街サン=ドゥニ通りに菓子店を開いてい
たパティシェのラヌ氏が、金融街で働くビ
ジネスマンが手軽に背広を汚さずに食べら
れるように開発したという説


もう一つは見た目からの命名ではないか?
という説
皆さんはフィナンシェの形に心当たりはあ
りますか?
自分は知ってはいますが、実際には見たこ
とも触ったことも無いものですけど・・・



こちらです、インゴット・金の延べ棒。
庶民の自分には全く無縁の代物ですね。
(ノ-_-)ノ~┻━┻

両方の説を一緒にしている説もあります
金融街でパティシェをしていたラヌ氏
ビジネスマンの為にバターやアーモン
をふんだんに使ったリッチな配合で金の
べ棒に模して作ったとも。

今回も前回同様でBクラスの様子です。


こちらはフィナンシェで必ず使用する
「ブール ノワゼット」焦がしバターを作
っているところです。
。焦がしたバターの香りが美味しさを引き
出します。


出来上がりはこんな感じになります。
焦がし加減は各班で決めてもらいます。
焦がし過ぎると焦げ臭くなりますし、焦が
し足りなくても物足りないです。


出来上がった生地を均等に型に絞り入れ
ます。金子さん、均一になってます?


今回は笑顔じゃない土屋さん。
真剣ですねヽ(╹◡╹✿)


絞り終えたら、オーブンへ( つ╹ω╹)つ


オーブンの中はこんな感じです。


ここからは焼き上がったフィナンシェの
型から外す作業を連続で見てみましょう。
挑戦してくれているのは唐さんです。
型にトレーを被せて、クルッと回転!




あれ?1個、型に残ってますよ(・_・;)
でも無事に型から外せましたね。



外して直ぐは製品が軟らかいので、手早
く並べ直します。

授業では各班で25個の仕上がりですけ
ど、お店では10~20倍位の量を一人
で仕込んだりするのが普通ですからね。

学生の皆さんは少しずつ慣れていきまし
ょう。

今回は小さな焼き菓子にスポットを当て
て見ました。次回は授業2回目のロール
ケーキを皆様へ紹介したいと思っていま
それでは今回はこの辺り失礼いたします
。Dクラス担任の中村がお送りしました

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ