ブログ

茶道 小笠原流宗家

みなさん、こんにちは。
今日は、ゼミナール授業の紹介です。
以前、ブログで書道の授業を紹介しましたが、今回は茶道です。


教えていただくのは、茶道小笠原流宗家 副家元 小笠原宗佳先生です。
(フェイスガードが反射してしまい、お顔が見えにくくてすみません)


茶道の授業は、年間8回行います。
初回は、学生がお客になり、お社中(お弟子さん)によるお点前を見せていただきました。
お客の代表となる正客は、岩佐先生にお願いしました。
今日お手伝いいただいたお社中のみなさん、実は日本菓子専門学校の卒業生です!
在籍中、または卒業後に入門し、現在も仕事をしながらお稽古に通っています。


いつもは賑やかな学生たち…
静かに流れる時間を感じながら、美味しいお菓子とお茶をいただきました。

2回目からの授業は、学生たちの実践です!

まずは、お菓子を運びます。
歩き方、座り方、立ち方、すべてに作法があります。
足に集中して、お菓子を落とさないようにしてね(T_T)


こちらは、お点前です。
ひとつひとつの動作を無駄なく、流れるように行います。
正座ですが、足のしびれは大丈夫かな?


こちらは椅子に座ってお点前をしています。
教えてくださるのは小黒先生。


お茶が運ばれてきました。
飲む前に、お茶碗を回してから一口…
お味はいかがですか?


お点前が立てるお茶は2人まで。
3人目からは水屋(茶席の用意をする場所)で立てます。
今回の水屋担当は、留学生が頑張っています!


んっ?会社員?いえいえ、白衣を忘れただけです( ノД`)
正座が苦手なのですが、一点前頑張りました!
でもこの後、退室するときに立てたのか?
ご想像にお任せします。


今日のお菓子は「水牡丹」日本菓子専門学校製です。
前回ご紹介した講師、髙澤先生にお教えていただいたお菓子です。


茶道の授業で使用するお菓子は、実習製品の中から選び持参しています。
お茶の世界では、お菓子をとても大切にしています。
茶道を体験することで、お茶とお菓子の関係性を学んでほしいです。
また、お茶室といういつもと違った空間で、感性を磨いてみるのもいいですね。izu

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ