ブログ

いわ散歩…端午の節句

よく「暦の上では」と言いますが、立夏(今年は5/5日)を前にして
本日4月25日(月)の気温は27℃…もう夏ですね。

そんな陽気に誘われて、学校のツツジも満開です。


実物は写真より数倍キレイなので、直にご覧あれ。
今週末のオープンキャンパスに参加される方は、
是非とも公園口から。

季節を先取りしたツツジから「いわ散歩」始まり始まり。

今回のテーマは「端午の節句」。
男の子の健やかな成長を願い「鯉のぼり」「兜」を飾り、
「柏餅」や「ちまき」を食べて祝います。

鯉は滝を登り竜に成るという言い伝えから、
立身出世の縁起をかけて。
兜は身を護る事から、無病息災を願って飾ります。

さて、ここからは和菓子の話。
「柏餅」は関東、「ちまき」は関西で好まれます。
それは関東は武家社会、関西は公家社会だった事に関係しています。
柏の葉は新芽が出るまで散りません。
その特徴が子孫繁栄に繋がるとされ、お家継続を願う関東で広まりました。
「ちまき」が中国から伝わったのは奈良時代、もちろん都は奈良。
伝達手段が発達していない時代のため、近畿地方の文化になったとか。

日菓専が有るのは東京。

今回は、柏餅を作るのに必要な器具を紹介します。

1番目は「製餡機」


※製餡とは…ザックリ言いますと、豆から餡を作ること。
手間は掛かりますが、これが和菓子の要になります。
日菓専では、毎朝担当職員が小豆から餡の元になる「生餡」を作っています。
※生餡とは…餡に砂糖を混ぜる前の物。
本校の学生達は、鮮度の良い生餡から餡を練ります。
だから、美味しいのは当たり前なんですね。

2番目は「餡練り機」


授業では各自ヘラを持ち、手作業で練ります。
写真は、和菓子屋さんに欠かせない餡練り機。
学校でも活躍中。

3番目は「蒸し器」


中餡が完成したら、次は生地。
柏餅の生地は、粳米が原料の「上新粉」と水だけで出来てます。

4番目は「どう搗き」


どう搗き…餅つき機のこと。
蒸した生地を石臼で搗くことで、あの弾力が産まれます。

学校には、もう1台テフロン製の「どう搗き」もあります。
なぜ2台有るのか…理由は比較。
石臼の良い点は弾力が出ること、弱点は石臼に菌が付き易いこと。
テフロンは石臼の逆。
石臼の弱点は、熱湯で殺菌する事で解消できます。
長所と短所は表裏一体、両方知る事で選択肢を広げます。

生地が完成したら、後は全て手作業。
美味しい柏餅の出来上がり。

もうすぐGW。
1年に1回ですから、色々お店の柏餅を食べてみて下さい。

今日の1枚。


校庭のハナミズキ。
昨日の雨と、今日の日差しで元気に咲いてます。

おまけの1枚。


秋の味覚が早くも実を付けていました。
葉が特徴的で、お寿司を巻いたりします。

皆さん、何の実か解りますか?
質問のある方は、Bクラスの担任まで。

明日の柏餅(菅野先生製)を楽しみに、今回はここまで。

おしまい。





 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ