ブログ

ひと味違う、メレンゲ細工!

メレンゲってご存知ですか?
卵白と砂糖を泡立てたもので、生地に混ぜて焼いたり、ムースに加えてフワッとさせたり、仕上げに絞って焦げ目を付けたりと、お菓子作りの様々な場面で登場するものです。

今回は、メレンゲ単独でお菓子として成り立っている、「メレンゲ細工」をご紹介します。

講師の先生をお招きしての実習となりました。
メレンゲ細工の第一人者にして、唯一無二の技とアイディアの持ち主、鈴木先生に教えていただきます!


まず、たっぷりとメレンゲを仕込みます。

学校でも、2年洋菓子科の授業でメレンゲ細工を学びますが、仕込み方や配合が先生オリジナルの最新版で、なかなかスペシャルです!(^^)!スペシャル具合は、入学してお確かめください(笑)

先生のデモンストレーションが、こちら。立体的にするため、土台の厚紙を曲げてから絞るのポイントです。

ライオンは、顔と胴体を別に絞り、乾燥後に接着します。

みんなもレッツトライ!


2日目に、乾かした木馬の左右を接着して、立体に仕上げていきます。


真っ白なメレンゲは、エアブラシを使えば、細かく色彩を乗せられますね。

木馬に目を描いて。馬だけど画竜点睛です!

完成した製品の一部を並べました(^^)/

着色すると、より立体感が出て、とても可愛らしい仕上がりです(*^▽^*)

左に立っているパン職人も、メレンゲで出来ています!フランスパンを持っている腕や指まで細かく絞られていて、
メレンゲのもろいイメージを覆すような作品ですね!


みんな~、息を止めて~

こんな写真を、ワイワイしながら撮れる日がまた来ることを、待ち望んでいます(^o^)

sugi
  ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 

オープンキャンパスのお申込み・お問い合わせはこちらから
https://www.nihon-kashi.ac.jp/taiken


Twitter  ▶https://twitter.com/nihonkashi
Instagramhttps://www.instagram.com/nihonkashi/
公式LINEhttps://page.line.me/ypo2521z
 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ