ブログ

今年もよろしくお願い致します。


新年が始まりもう三週間が経とうとしていますね。
皆さんは年末年始いかが過ごされましたか?

家でゆっくりされた方もいれば、仕事で忙しかった方も
いらっしゃるのではないかと思います。


本校も冬休みが終わり、7日より授業を再開しており、
学生たちも寒さに負けず元気に登校しています!






では早速実習の様子を見て行きましょう!






新年最初の実習は
2年和菓子科担任、福本教師による授業です!


学生達も久しぶりの実習、真剣にデモンストレーションを見ています。
どこか少し緊張している様子ですね。







餡練りも久々、身体が鈍ってますね!
焦がさず、按配良く練り上げてほしいものですね。




先生によるデモンストレーション、
カップに生地を絞っています。
一つ一つ重さを計りながら丁寧に絞ります。

このお菓子はカップに絞った後、オーブンで
焼いて仕上げる焼き菓子です。
最後に写真を載せますのでお楽しみに~






先生のデモンストレーションを見た後、
学生たちも絞っていきます!

一つ一つ心を込めて丁寧に絞っていますね。

上の写真の男子、山本君です。
いつもは声が大きく、元気が良いのですが
今日はいつになく真剣に作業をしていますね。(笑)






続いての作業は焼印です!

蒸れ上がった製品に桜の焼印を押して仕上げます。

押しすぎると真っ黒になってしまうので注意が必要!
焼き印も技術が必要な作業です。








今回の授業ではこちらの3製品を作りました!

上2製品は薩摩芋を使ったお菓子。
下のピンクの製品は桜餅を応用したお菓子となっております。

3製品とも福本教師のオリジナルの製品です!
美味しそうで、色合いもとてもきれいですね!


今回は新年最初の実習の様子を紹介しました!



年が明け、卒業という言葉がどんどん近づいてきます。
学校での授業もあとわずか、2月から試験期間に入り、
それが終われば卒業制作 ~ そして卒業式。

おそらく、あっという間に時間が過ぎていくと思います。
残り少ない時間ではありますが、出来る限り元気な
和菓子科の姿を皆さんにお届けできたらなと思います。

楽しみにしていてください!

以上。担当の河合でした。



 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ