ブログ

食べられないウェディングケーキ

世の中、結婚のかたちも色々な時代になりましたが、お菓子屋さんにとってウェディングケーキは、今も昔も変わらず作り続けていくものの一つでしょう。

現在は、生菓子のウェディングケーキを用意してゲストと共に食べることが主流かと思いますが、ひと昔前は、食べるものというより、ケーキカットの写真を撮るための背の高ーいケーキのイメージではないでしょうか。

あの高さは生菓子では支えきれませんので、パスティヤージュという砂糖細工でできています。
今回のハイテクニカル科の授業では、パスティヤージュを使ったウェディングケーキに挑戦します!

2年洋菓子科でも、同じくこの時期にウェディングケーキの授業がありますが、ハイテクニカル科の場合はサイズ感が
300%程度とお考え下さい。ダイナミックに参りましょう(^^)/

土台部分も大きいため、絞りもたっぷりボリューミーです。

一本の赤いラインが、このあと素敵に進化します。お楽しみに!


アイシングをシリコン紙に絞り、乾かしてパーツを作ります。割れないよう、やや太い枠を書くのがポイントです。


高く組み上がるにつれて、水平に注意が必要です。前後左右から確認します。


乾かしたパーツを取り付けます!入るかな?


真ん中の立体的な網目のようなところが、先ほどの赤いラインの部分です。

程よく赤が透けて、良い感じでしょ?

こちらは、もう一組のチーム。

全体像を話し合いながら、確認していきます。

上部にくる土台には、細かな絞りを入れて。


こちらも組み上がってきました!

横にくる部分にも草木をイメージしたパーツがついて、華やかさを演出。


二組の完成形がこちら!!

手前にパイピングしたレースを配置することで、赤と白のバランスを絶妙に仕上げました(*^▽^*)


流れるようなリボンを大胆に配置し、さらに細かなパーツでデコレーションを施したエレガントな作品に(^_-)-☆


それぞれの制作者と共に、ハイポーズ☆



このあと、土日を挟んでしっかりと乾かし、ケースを被せて展示します。

中までピカピカにしてくれました(^^♪

sugi

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ