ブログ

製菓技術学科で和菓子屋を目指すメリット




和菓子を目指すためには直接店舗に就職するほか、
現在では製菓専門学校で学んでから就職する方法も一般的です。
こちらでは、日本菓子学校の製菓技術学科に入学して和菓子屋を目指すメリットをご紹介します。
 

■日本菓子専門学校の製菓技術学科
製菓技術学科とは、製パン技術学科・ハイテクニカル科と並ぶ日本菓子専門学校の学科のひとつです。
1年次では、お菓子作りの基礎を学びます。
洋菓子・和菓子・製パンの基礎技術と知識を学ぶのが特徴です。
2年次になると洋菓子と和菓子のコースのいずれかを選択し、
さらに専門性の高い技術や知識を学びます。


■和菓子への道のりは2パターンある
和菓子への道のりは2パターンあります。
ひとつは和菓子店などに直接就職するパターン、
もうひとつは製菓専門学校で基礎を学んでから就職するパターンです。
かつては和菓子店などに就職し、
現場で下積みを重ねながら技術を身に付けるパターンが主流でした。
現在もその風潮はなくなっておらず、たたき上げで優れた職人になった人も少なくありません。
こちらのパターンでは、時間がかからず、すぐに和菓子作りの現場に参加できる点がメリットです。
一方、専門学校で和菓子作りを学ぶメリットもたくさんあります。
専門学校では菓子製造全般の知識・技術が身に付けられたり、
就職のサポートを受けられたりするほか、
何よりも「人(友達や先生、プロの職人など)との繋がり」を構築できる点は大きな魅力です。
「人脈作り」もできるのは特にメリットといえます。
 

人によっては製菓専門学校への入学を遠回りに感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
その分得られるメリットもたくさんあります。
昨今はあらゆる業種において“即戦力”が求められるため、製菓専門学校で基礎を学んだり、
資格を持っていたりすると就職で有利になりやすいでしょう。
 

■和菓子を目指すなら、日本菓子専門学校へ
和菓子になるためには、現場で何年も修行するというイメージがあるかもしれません。
しかし、製菓専門学校で学んでから就職するメリットもあります。
和菓子の夢を実現するため、自分にはどんなルートが適しているのか検討してみましょう。
日本菓子専門学校では、和菓子を目指す方の入学を歓迎しています。
オープンキャンパスやWEB相談会では、和菓子コースの質問を受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。
 

オープンキャンパスのお申込み・お問い合わせはこちらから
https://www.nihon-kashi.ac.jp/taiken
 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ