ブログ

【英国発祥】アフタヌーンティーの基礎知識




アフタヌーンティーという文化をご存じでしょうか。こちらでは、英国発祥のアフタヌーンティーの内容やマナーについてお話しします。
 
■英国発祥のアフタヌーンティー
アフタヌーンティーとは、その名のとおり午後に楽しむ紅茶とお菓子のことで、1800年代のイギリスの貴族たちの間で流行したといわれています。

当初はお菓子と紅茶をシンプルに楽しむ文化でしたが、
徐々に使用される皿やカップなどのティーセットなどが高級になっていき、
社交の場として発展していったのです。また、同時にマナーも生まれました。

本場イギリスでは、
紅茶好きの人はアフタヌーンティーを含めて1日に6~7回のティータイムを設けると言われています。
更におかわりも含めるとなると、
かなりの頻度で紅茶を飲まれていることがわかりますね。
現在のアフタヌーンティーはさまざまなスタイルに細分化しており、
自宅で家族や友人とともに気軽に楽しむほか、
イギリス貴族たちが行っていたようなフォーマルなアフタヌーンティーの文化も続いています。
 

ケーキスタンドにのせるスイーツとは?
アフタヌーンティーのティーセットに欠かせないアイテムのひとつが、
ケーキスタンドです。ケーキスタンドは、
アフタヌーンティーの食事をのせるお皿のことで、通常、3段の皿が連なったスタンド上になっています。

上からデザート、焼き菓子、サンドイッチの3段構成になっており、
下段のサンドイッチから上に向かって焼き菓子、デザートの順番でいただきます。

なお、伝統的なアフタヌーンティーでは、サンドイッチにはきゅうりのみが挟まれます。
紅茶と一緒にきゅうりのサンドイッチを食べるのは、
現在の感覚ではイメージできないかもしれません。
もちろん、現代のカジュアルなアフタヌーンティーではさまざまな具がサンドイッチに使用されていいます。
 

アフタヌーンティーの服装やマナーとは
上述したように、伝統的なアフタヌーンティーにはマナーがあります。
服装については、厳格な決まりはありません。
ラフすぎず、「いつもより少しフォーマルな服装」を意識すれば問題ないでしょう。
男性であればジャケット、シャツ、パンツのスタイル、
女性であればスカートやワンピースの服装であれば基本的には安心です。


また、お茶はスタッフの方に注いでもらうのがマナーなので、
周りにお店の方がいない場合以外は自分で注がなくて大丈夫です。
食べ物はナイフとフォークを使って取り分け、
パンは手でちぎって食べるのが一般的です。

紅茶を飲む際は、片方でカップを持ち、もう片方の手でソーサーを持ち上げると上品に見えます。


***
今回はアフタヌーンティーの文化についてご紹介しました。
ご自宅でお茶とお菓子を用意しても楽しめますが、
時には少し贅沢な気分でアフタヌーンティーに行かれてみるのはいかがでしょうか。
日本菓子専門学校では、お菓子の作り方だけでなく歴史や文化も学ぶことができます。
ぜひオープンキャンパスやオンライン説明会にご参加ください。
 

お申込み・お問い合わせはこちらから
https://www.nihon-kashi.ac.jp/taiken
 
 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ