ブログ

2021年度 第4回勉強会

みなさん、こんにちは。
先日開催された、洋菓子勉強会のご報告です。

6月23日(水)、24日(木) 洋菓子勉強会
テーマ『ウィーン菓子』


【ザッハトルテ】【アプフェルシュトゥルーデル】
【ザルツブルガー・ノッケルン
(デモ)


今回の勉強会は平日開催。
2日間、担当していただいたのは阿部先生です。

まずは、アプフェルシュトゥルーデルの生地を仕込みます。

粉をフォンテーヌ状にして、卵黄、サラダ油など液状の材料を加えて捏ねます。
(余談ですが…私、学生の頃フォンテーヌちゃんと呼ばれていたので、この言葉に反応してしまいます(^^;)


≪本日のイベント①≫手の甲を使って、紙のように薄くなるまで少しずつのばしていきます。
穴が開いてしまうと、この後の作業が出来なくなってしまうので慎重に…難しそうですね( ノД`)

2人で協力して、のばすこともできます。

仲良しアビールをしている?阿部先生と藤井先生。
2人の息が合わないとうまくいきません。
あれっ!?生地がハートの形になってる~♡


中に入るアップフェルフュルンクの準備。りんごを5個(1人分)使用します。
皮付き、皮なし、お好みでどうぞ!(^^)!


布の上に薄くのばした生地を広げ、溶かしバターを塗ります。


アップフェルフュルンクをのせたら、布を持ち上げて巻き上げます。
りんごが崩れてきて、ちょっと大変そうですね。


ロールケーキを巻くのとは、またちょっと違うようです。
巻き終わったら、表面に溶かしバターを塗って焼成です。
 

途中2~3回溶かしバターを塗りながら、美味しそうな焼き色にしていきます。


フレッシュなりんごをたっぷり巻き上げた、オーストリアの伝統菓子。
焼きたてに、バニラアイスを添えて食べたいです♪


続いて、ザッハトルテ。

ホイップしたバターとチョコレートを混ぜ合わせ、さらに卵黄を加えます。
次に、メレンゲを作り、立て具合いも確認して…


チョコレート生地と合わせます。混ぜすぎに注意してくださいね。
さらに粉を混ぜ合わせたら、生地の出来上がり!


今日はマンケ型に流して、焼成です。


焼き上がったら2枚にスライスして、煮詰めたアプリコットジャムをサンドしたら表面にも塗ります。
ジャムの硬さもポイントになるので、焦がさないように煮詰めていきましょう。

≪本日のイベント②≫グラズールを仕込んで、グラッセします。

水、グラニュー糖、チョコレートを合わせて火にかけ、煮詰めます。
1/3量をマーブル台に流して、パレットでこするようにして粘りを出して鍋に戻します。
ちょうどよい硬さになったら、全体にかけていきます。タイミングが大事です!


ジャムの酸味がチョコレートとよく合います。
ホイップクリームを添えて、召し上がれ♡


最後にザルツブルガー・ノッケルン(デモ)

バニレクリームに、ザルツブルガー・ノッケルン生地をたっぷりのせて焼き上げます。
ザルツブルグの山をイメージした、スフレのようなお菓子。


ザルツブルグに伝わる、ふわふわの郷土菓子。
焼きたてを取り分け、フランボワーズソースを添えていただきます。



受講されたみなさん、お疲れ様でした。
今日の工程にはイベントが2回ありました。
『すごく難しいけど、大変を通り越して楽しかった~♪』
うんうん、楽しんでいただけて良かったです(´∀`)
次回の勉強会は、9月11日(土)和菓子です。
これから本格的に暑くなってきます。
感染症、熱中症対策をしっかりして、元気にお過ごしください。
izu​​

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ