ブログ

どら焼き

みんな大好きですよね。

本日は、
某有名アニメのキャラクターも大好き

「どら焼き」の授業を覗いてみたいと思います。




余談ですが、

和菓子の代表格の1つ「どら焼き」は

先日の「ヘラ切り菊」と同じく

和菓子2級技能試験の課題にもなっている製品です。

「平鍋」と呼ばれる銅板の上に生地を流していくのですが

これがまた難しいんですよね。


Aクラスの皆さん上手に出来るかな?





まずは餡練り。
練っているのは尉くん。

粒を潰さないように丁寧に練っていますね。







こちらは鈴木さんと小倉さん。

仲良く並んで練っていますね。
真剣な表情が素晴らしい。
ヘラ加減に気を付けながら練っていきましょう。



ちなみに、

どら焼きで使用する粒あんの原材料

「粒生餡」は本校の和菓子職員が毎朝炊いています。

皆さんに美味しい粒あんをお届け出来るように
丹精込めて作っていますので
是非味わってみて下さいね。






続いては生地を仕込んでいきます。

ほぐした卵に砂糖を加え、
蜂蜜、みりん、重曹を加えたら粉合わせです。

夏井さん、上手に仕込めるかな?




ここからは生地を平鍋に流して焼成していきます。




焼いているのは田代くん。
なかなか見ることの出来ない真剣な表情(?)

そんなことはありませんね。
綺麗に流せています!









流したどら焼きは頃合いを見て
ひっくり返します。

能代さんはちょうど焼き上げたところですね!
綺麗な焼き色に仕上がっています。






最後は餡を挟んで完成です。
宮澤さん、好きだからって餡の入れすぎに注意ですよ!

慣れない竹べらを上手に使いながら
綺麗に仕上げられました。






そして完成したどら焼きがこちら


皮の食感、粒あんの風味、
美味しそうですね~。



生地を綺麗に流すには、やはり練習が必要になります。

夕練に足を運んで、
1日も早くどら焼きマスターになれるように、頑張っていきましょう!



本日はここまで。
また次回の和菓子授業をお楽しみに!








 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ