ブログ

コンフィズリーとは?その1

皆さん、こんにちは。
関東も梅雨入りしたようですが、雨が多いと気が滅入りがちになりますね。
そんな時は、甘いお菓子と好みの飲み物で一息入れましょう!

ティータイムやコーヒーブレイクに、ちょっとつまみたい甘いもの、それがコンフィズリー♪
コンフィズリーとは、砂糖を主体とした洋菓子の総称で、キャンディーはもちろん、キャラメル、ヌガー、マシュマロ、チョコレートなど、様々な種類があります。
コンフィズリーは、冷蔵庫などのない時代、その時々の旬の果物を、色やおいしさを活かして保存する目的で生まれたとされています。
昔は砂糖が高級品であったことを考えると、コンフィズリーも上流階級の食べ物だったのでしょうか。

さて、そんな古き良き時代におもいを馳せながら(?)実習風景を覗いてみましょう。

こちらは、コンフィズリーの仲間、コンフィチュール。つまり、ジャムを作っています。
オレンジ果汁を搾り、皮を薄くスライスして、マーマレードの下準備中です。


マーマレードの他にも、ミルクジャムや苺とバナナのジャムなども作りました。

そして、ビンに詰めているのはトマトのジャム!!ほんのりとバジルが香る、一風変わったコンフィチュールにも挑戦。


焼きたてのスコーンにクロテッドクリームと共に添えて、気分はアフタヌーンティー♪♪

コンフィチュール全種盛り合わせです。


キャラメルは、煮詰め温度が大切!煮詰めが足りないと柔らか過ぎ、煮詰め過ぎるとキャンディになってしまいます。

味は、塩バターキャラメル、チョコレートキャラメル、いちごキャラメルの3種類です。


マカロンは一人1色を担当。カラフルですね~

こちらは、バタークリームとパイナップルのコンポートのマカロンですね。

他にも、ガナッシュや各種フレーバーのクリームなどをサンドして仕上げました。

マカロンギフトボックスの出来上がり(^_^)v

フルーツのピュレを煮詰めて作るパートドフリュイや、ゼラチンの起泡性を活用したギモーヴ(マシュマロ)なども仕上げました。

彩り豊かに、華やかです(^o^)

また別の実習では、チョコレートを大量生産。

型抜きタイプのチョコレートは、中に入れるガナッシュを軟らかめにすることができます。

しっかりと固めたガナッシュは、ワイヤーを張ったギターカッターという道具で、正方形にカットします。


チョコレートにくぐらせてコーティング。トランペという工程です。


ミルクチョコ、スイートチョコ、仕上げの筋の付け方などで、味の区別もはかります。


卵型の型抜きチョコレートをチョコレートのリボンで飾り、リキュールボンボン詰め合わせも製作。


2日間で作った製品をズラリと並べて。チョコレートの甘い香りが教室中に立ちこめる授業でした(^O^)


題名が「その1」、ということで、次回にも乞うご期待!!

その2はこちらから♥
https://www.nihon-kashi.ac.jp/blog/blog_detail/data/1441


sugi

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ