ブログ

お団子


学生の中にも好きな人は多いのではないでしょうか?

みたらし、餡、ずんだ、黒ゴマ、などなど

そんな和菓子の代表格でもある
「串団子」を本日は作っていきます。




まずは団子の生地から。

「新粉」と呼ばれる粳米の粉と水を
一緒にこねて、蒸していきます。

それを胴搗きで搗きあげたら成形作業です。



竹べらを駆使して切っているのは蓮香さん。

綺麗に丸くなるように切っていきましょうね。







鈴木さんは
順調にお団子が出来上がっています。

上手に串に刺せていますね。









こちらは一足先に完成して
余裕の「団子食べちゃいます」の
ポーズなのか、「僕の歯は4本」のポーズの和田くん。
マスクで団子も顔も被っていますが
楽しそうで何よりです。







前では我らがアニキ、岩崎先生が
みたらしのタレを作っています。
醤油の香りが溜まりません~。






さあ、いよいよ焼いていきましょう!


日向寺さん、秘伝のタレを付けて焼いています。
落ち着いて上手に焼けていますね。








索くんは一度仕事にしていたのでしょうか。
何やら風格がありますね!
手際も良い感じ!








美味しそうな焦げ目に焼いてくれたのは蓮香さんと安島さん。

笑顔が素敵!







朝日くんはみたらしのタレをつけています。
美味しそうですね~。








杉浦さん!早まってはいけません。
後ろで能代さんが食べないか心配していますよ!
ちゃんと持ち帰って食べましょうね。
こちらも美味しそうに出来ています。








おっ、ここにも職人がいました、
海苔巻き職人古川くん。
もちろん風格だけでなく、上手に巻けています。








松田さんは団子に餡を付けて
餡団子を作っています。

集中して仕上げていますね!






そして完成したお団子がこちら




左から「餡団子」「みたらし団子」「磯辺団子」
見ているだけで美味しいですね!




他にも
ホロっとした口溶けの「黄味時雨」





清酒の香り豊かな「酒饅頭」



を作りました。
みんな美味しそうに出来ていましたね。

次回の和菓子の実習もお楽しみに。


本日はこの辺で。







 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ