ブログ

製菓専門学校で「学べること」や「取れる資格」は?



製菓専門学校ではどんなことを学べるのでしょうか。
また、取得できる資格や就職先について気になっている方も多いでしょう。
こちらでは、製菓専門学校で学べる専門技術・知識、
取得をサポートしている資格、代表的な就職先についてお話しします。


製菓専門学校で学べる専門技術・知識は?
実際のカリキュラムや区分は学校によってさまざまですが、
製菓専門学校で学べる一般的な専門技術・知識として以下のようなものが挙げられます。
・製菓技術(洋菓子、和菓子、パンなど)
・製菓理論
・衛生法規
・食品衛生学
・食品学/栄養学
・経営学/社会学
・POP制作技術
お菓子を作るための技能については、実習を通して指導されます。
お菓子の多くは化学反応を利用して作られるため、理論的な知識も必要です。
そのため、製菓専門学校では座学の授業も設けられています。

お菓子に限らず、食品を提供する立場として、
衛生管理についてもしっかり学ぶ必要があります。
そのため、衛生法規や衛生学の授業も製菓専門学校では実施されます。
将来的に店の経営者になることも考え、
経営やマネジメントなども学びます。
直接お菓子づくりとは関係がないPOP制作の技術も、現場では役立つスキルです。


製菓技術で取得できる資格は?
製菓専門学校では、資格の取得もサポートしています。
実際に取得できる資格はコースによりますが、以下のような資格が代表的です。
・製菓衛生師
・食品衛生責任者
・製菓製造技能士
・職業訓練指導員
・パン製造技能士
いずれもパティシエやパン職人になるために必須ではありませんが、
在学中に取得しておくと就職で役立ちます。資格手当が支給される現場も少なくありません。
「製菓衛生師」は、製菓技術のほか、衛生管理の知識を有していることを証明する資格です。
食品衛生責任者は、飲食店を開業する際に必須となります。
製菓製造技能士・パン製造技能士はそれぞれパティシエ・パン職人の技術を証明する国家資格です。
職業訓練指導員の資格を取得しておくと、職業訓練施設において指導員として勤務できます。


卒業後の就職先は?
製菓専門学校卒業後の就職先として、以下のような現場が挙げられます。
・パティスリー
・和菓子店
・ベーカリー
・レストラン
・ホテル
・製菓企業
お菓子やパンを作ってお客様に提供する現場のほか、製菓企業のように製品開発に携わる現場も代表的な就職先といえます。
***
製菓専門学校で学習できる内容・取得できる資格や就職先について事前に知っておくことは、今後のプランを立てるうえで重要です。日本菓子専門学校にお問い合わせいただければ、こうした内容についてくわしくガイダンスを行います。ぜひオープンキャンパスやオンライン説明会にご参加ください。
 
お申込み・お問い合わせはこちらから
https://www.nihon-kashi.ac.jp/taiken
 
 2.jpg

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ