ブログ

チョコと飴、どちらがお好き?

皆さん、こんにちは。
6期ハイテクニカル科の授業がスタートして、早2週間経ちました。
チョコレート細工と飴細工をそれぞれ2日間ずつ行いましたので、その様子をお伝えします♪

工芸菓子最初の授業は、担任の平岡先生の飴細工!

2年生の時には3人で協力して1台のピエスモンテを作りましたが、今回は1人1台作ってみましょう(^o^)

土台の流し飴には、透明と緑の飴を流し合わせて模様を描きます。


吹き飴に使うポンプは、ハイテクニカル科の小道具一式に入っている個人の持ち物です。

心置きなく、たっぷり練習出来ますね♪

土台を組み立て、バラの花やつる、リボンなどを接着。

バランスが大事!!どこに接着するか、思案しながらの作業です。



2年生のおさらいと練習を兼ねた、個人製作となりました(^_^)v


2週目には、酒井先生のチョコレート細工の授業です。

今回は、2人で1台を製作します。

ただ、人数が11人のため、1人の班ができてしまいます。私も手伝いながら、頑張ってくれました!

チョコレートの接着と飴の接着。溶かしてくっつける点はどちらも一緒です。


ひも状のチョコレートは、チョコレートをねんどのように加工したもの。

自由なモデリングが可能ですが、冷えればしっかり固まります。

絵の具のように塗っているのは、チョコレート用の色素。茶色のチョコレートに、彩りを添えます。


色素を転写したパーツを組み上げて、花を製作。

みんなが持っているスプレーは、冷却用のもの。シュッと一吹きすれば、瞬時にチョコが固まります。

組み立てた土台に接着するときにも、シュッと一吹き!飴の場合は、急激な温度変化は、飴が割れてしまう恐れがあるため、あまりよろしくありませんが、チョコレートには効果的です。


りっぱな兜を被った武者のピエスモンテも一緒に、はいポーズ(^_^)v

第11実習室にしばらく飾っておく予定です♪

sugi

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ