ブログ

2級洋菓子製造技能士への道!

みなさん、こんにちは。
寒暖差の激しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

ハイテクニカル科の学生たちは卒業制作を終え、本来ならば修了式を待つばかりなのですが、今年はカリキュラムの変更に次ぐ変更(本当にコロナにもてあそばれ…)のため、卒業制作を終えた後、技能検定の実技試験を迎えることになってしまいました。
ハイテクニカル科の学生たちは、有終の美を飾れるのか否か!直前の練習の様子を覗いてみましょう(^o^)

時は2月中旬。材料と使用道具を準備し、一斉にスタート!2時間半のタイムトライアルです。

別立て絞り生地の課題を撮り損ねてしまいました(..;)デコレーション課題の様子をたっぷりと!

バタークリームのナッペの終わったケーキの土台に、洋生チョコレートをコーティング。

チョコレートが熱いとバタークリームが溶けてしまいますし、冷たいと全体にコーティングされる前に固まってしまいます。

ケーキの角に半分かかる、輪つなぎの絞り。間隔良く絞れるまでに、かなり練習しましたね!


口金を細かく動かしながら絞る「振動絞り」。規定の形のバランスをよく見て絞ります。


サイドにも振動絞り。バタークリームは振動しないストレートの絞りですね。


チョコレートの固さをみながらバラを絞り、固めておきます。


葉っぱの絞りは3種類!バタークリームは緑色に着色。チョコレートの絞りは固さがポイントです。


出来上がりをズラリと並べて。ほとんどの学生が時間内に終了できました。


仕上がりを平岡先生が個別に指導!クセがついている部分を指摘し、アドバイスを送ります。


午後は、苦手なところや先生に指導された箇所を、各自練習しました。


試験前日には持ち物を確認して、スーツケースに詰め込みました。当日は、朝7:45に大宮駅集合です!


試験当日の様子は、教室には受験者以外立ち入れませんので、話を聞くのみですが、まあまあ出来た、本領を発揮できなかったなど、なかなか大変だったようです。
決められた時間内で、初めて利用する設備の中、思いがけないハプニングも多かったでしょう。
検定試験に限らず、その時々で柔軟に対応できる力がつけば、どんなことが起きても、なんとか乗り越えられるものです。
合格発表は3月19日。結果はどうあれ、それぞれに良い経験であったことを願ってやみません。
みんな、お疲れ様でした!杉山的には、みんな合格です!!

sugi

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ