ブログ

パヴェ・ショコラ

こんにちは

もうすぐ2月。2月と言えば、バレンタイン❤
お菓子屋さんにとって、1年間で2番目に忙しいときではないでしょうか・・・
もちろん1番は、クリスマス!

好きな人や日頃お世話になっている人にチョコレートを贈る甘~いイベントですね。

今日はチョコレートの授業の様子を少しご紹介します。

 

今日の担当は、阿部先生。
チョコレートの扱い方、テンパリングの方法から仕上げ方まで丁寧に指導していきます。

テンパリング、難しいんです。
溶かしたチョコレートを凝固点の27℃以下にしていきます。
方法は3種類。
①マーブル台(大理石)を使用するマーブルテンパリング
②冷水にボールを当てながら冷やす、水テンパリング
③チョコレートをタブレット状や刻んで加える、フレークテンパリング

学校では主に①②を実習していきます。

チョコレートの温度が下がったら、作業しやすい温度(31~33℃位)に少し温め、完了です。
しかし、34℃以上に温めてしまうとテンパリングが崩れてしまうので、慎重に!
なぜ、34℃かというとチョコレートの溶け出す温度(融点)だからです。
チョコレートって繊細なんですね。

温度計も使用して作業しますが、チョコレートの粘度やツヤ、ボールを触って感じる温度などでも体感してもらいます。

さて、題名の『パヴェ・ショコラ』とは・・・
『生チョコ』と言えばご存じでしょうか。直訳するとパヴェとは、石畳。
四角くカットされたチョコレートを見て、石畳が敷き詰められている様に見えたのかもしれません。

  

ギッターと呼ばれる同じ大きさにカット出来る機械を使用していきます。

ココアをまぶして完成。とろける食感です!

他にも、チェリーボンボン・マンディアン・オランジェットも作りました。
チェリーは前期にみんなで漬け込んだ自家製です。

  

そして、チョコレートで出来た箱に入れてお持ち帰り。

 

チョコレートづくしの1日でした。

≪おまけ≫
玄関横のショーケースが新しくなりました。

  

こちらもチョコレートづくし。バレンタインをイメージして・・・

  

可愛さ、エレガントさ溢れる素敵な作品です。2月いっぱい展示予定ですので、ぜひご覧下さい。

2月7日(日)バレンタイン体験も予定しております。
入学検討中の方、お菓子に興味のある方、ぜひご参加下さい!
申し込みはこちらから!

https://www.nihon-kashi.ac.jp/taiken






 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ