ブログ

社会人が製菓専門学校に再入学するメリットとは?



社会人が製菓専門学校(大学なども同様)に再進学するのは難しい、というイメージがあります。
こちらでは、パティシエになる夢を諦めきれない社会人経験者の方に向け、製菓専門学校に再進学するメリットを解説します。

■諦められない「パティシエ」という夢
すべての人が、早い段階で自分の将来を決められるわけではありません。
夢を抱いたまま、その夢とは直接関係のない職業に就くこともあります。
一度異なる職業に就いたものの、パティシエという夢を諦めきれない人は意外と多いのです。

一度、社会に出たとしても、パティシエになることは十分可能です。
社会経験者がパティシエになる方法は大きく分けて2つ。
製菓業界に直接転職するルート、製菓専門学校などで基礎を学んでから就職するルートです。

高校生の方であれば、製菓専門学校で学んでから就職するルートが一般的となっています。
社会人であれば、転職扱いで製菓現場に参加することもできるでしょう。
社会人になってからパティシエになる夢を叶えるためには、どのルートが良いのでしょうか?

■専門学校への再進学と直接転職、どちらがいい?
上述したとおり、社会人からパティシエになるには、
製菓専門学校への再進学と直接転職という2つのルートがあります。
このうち、おすすめは製菓専門学校への再進学です。

製菓専門学校では、2年程度をかけてお菓子作りの基礎を学びます。
いずれも、現場のパティシエには不可欠な知識です。
現場で学ぶこともできますが、製菓専門学校で先立って学ぶほうがスムーズだと考えられています。

転職して業界に飛び込み、学んでいくことも可能ですが、
本来は2年かけて覚える知識・スキルを働きながら身に付けるのはハードルが高く、
困難です。社会人経験者であれば、「働きながら学ぶこと」の難しさがわかるでしょう。

■社会人経験者が製菓技術学科で学ぶメリットは?
日本菓子専門学校では、社会人経験者の方の入学も歓迎しています。
直接の転職ではなく、じっくりと製菓専門学校で学ぶからこそ、大きなメリットがあるはずです。

日本菓子専門学校の製菓技術学科では2年間じっくりとお菓子作りが学べます。
専門講師による丁寧なアドバイスが受けられ、現場では勉強できない知識・スキルが身に付くでしょう。

卒業までに、製菓衛⽣師・菓子製造技能⼠(2級)など就職に有利な資格を取得できるのもメリット。
転職だからこそ、こうした資格を取得しておく恩恵は大きいでしょう。
プロ仕様の道具・機材を使って学べるのも魅力です。
また、洋菓子・和菓子・パンまで、幅広いカテゴリーのお菓子作りを学ぶこともできます。
***
社会人になったからといって、パティシエの夢を諦める必要はありません。
実際に多くの人が社会人経験を経てからパティシエとして羽ばたいています。
一度、社会経験を積んでいるからこそ、有利な点もあるでしょう。

社会人の方も、ぜひ日本菓子専門学校への入学をご検討ください。
オープンキャンパスは随時開催しております。
オープンキャンパスのお申込み・お問い合わせはこちらから
https://www.nihon-kashi.ac.jp/taiken

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ