ブログ

クリスマスの香り

おはようございます

今日は、レープクーヘンを使用した『ヘクセンハウス』の授業をご紹介します。

まず、レープクーヘンとは・・・
ハチミツとスパイスをたっぷり使った重曹入りの生地です。
仕込んでから、1ヶ月以上熟成させて使用します。

さて、『ヘクセンハウス』とは・・・
グリム童話・ヘンゼルとグレーテルに登場する魔女のお菓子の家。
ヨーロッパではレープクーヘンを、イギリスではジンジャーブレッドを使用して、クリスマスの風物詩として作られるそうです。
日本でも、最近はクッキーで作ったお菓子の家、流行っていますよね♪

本校では、本格的にレープクーヘンを使用して製作します!

9月に仕込んでおいた生地を使用して・・・



シナモンがたっぷり入っているので、茶色い色をしています。

シーターという機械を使用して伸ばしていきます。



伸ばした生地を型紙にあてて、カットして・・・

 

ドレンドチェリーやアンゼリカ、ナッツをのせてデコレーションしたら、しっかり色が入るまで焼成。
スパイシーな香りで包まれます。
あぁ、クリスマスだなと感じる香り。



あっという間に建ちました!作業中の写真がなくてごめんなさい。



接着には、卵白と粉糖を泡立てたグラスロワイヤルを使用します。



前回の授業で製作したメレンゲサンタやツリーも飾りつけ、完成です。

もちろん食べられますよ♪

 

素敵な作品とともに・・・




玄関に飾ってあるヘクセンハウス、イルミネーションしております。

本校にお越しの際はぜひご覧下さい。
では、また。sasa





 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ