ブログ

2020年度 製菓衛生師コーススクーリング-⑭

~12月15日(火)スクーリング4日目~

★★1年目の方は【製菓理論⑤】【洋菓子基礎③】★★
午前中は、ゼラチン・ペクチンなどの材料学と、クリーム、シューなどの実技理論を学びます。

担当は、連日登場!中村先生です。

午後からは実習、テーマは『シュー』

【パリジェンヌ】【パリブレスト】


担当は引き続き、中村先生。

では、シュー生地を絞る様子からいきましょう!

リング形とドーム形に絞ります。リングは同じ太さで、絞り終わりはしっかりつなげてくださいね。
ドーム形は絞り終わりが尖らないように、口金を上手に動かしましょう。


絞り終わりが上手くいかず、杉山先生がアドバイス♪
動きをしっかり見ていますね(^^)


アーモンドをつけて焼成です。
みなさん、きれいに膨らみましたね(≧▽≦)

クリームを絞って仕上げましょう。

パリブレストにはカスタードクリームと、さらにクリームを絞って仕上げます。


パリジェンヌにはディプロマ―トクリームをソフトクリームのように絞りました。
粉糖をふって出来上がり☆彡


★★2年目の方は【洋菓子⑧】★★
テーマは『ゼラチン生地』

【キール アンベリアル】【ショコラ バナーヌ】


担当は、阿部先生≪Aクラス≫と平岡先生≪Bクラス≫です。
阿部先生、久しぶりのスクーリング実習で力が入っています!

では、最後の実習です!
今回は、個人仕上げのショコラバナーヌ中心でお届けします。

まずは、バナナのキャラメリゼ。
砂糖を焦がして、バター、バナナを加えます。焦がし具合いはお好みで♡


セルクルに流し込んで、冷やし固めます。
ここで、隠れミッキーを発見しました!私には見えたのですが、みなさんはどうですか(*´艸`*)

次は、スポンジを仕込みます。

今日は別立て法です。
艶のあるしっかりとしたメレンゲを混ぜ合わせていきましょう。


鉄板に絞っていきます。口金の太さをキープして、同じ長さに絞っていきましょう。
なかなか、難しいようですね~


初登場!田川先生が優しくお手伝い(^^
少しだけ間隔を空けるのがポイントです。


みなさん、集中しています!きれいに、絞れていますね((´∀`))
ココアをふりかけ、高温&短時間で焼き上げます。


焼き上がりはこんな感じ♡


カットしてセルクルに入れます。形が見えてくると楽しくなってきますね♪


チョコレートクリーム、バナナのキャラメリゼを順番に入れたら、バナナのムースを流します。
表面が平らになるように、すり切って仕上げましょう。


チョコレートをハケで塗り、模様をつけます。
あまり考えずに、サッと塗るのがいいみたいですよ(*´▽`*)
ナパージュで艶を出します。個性が出てきましたね~♪


バナナとミントを飾ったら出来上がり。
チョコとバナナは相性抜群!

キールアンペリアルの仕上げを少し…

白とピンクの2色のババロアにシャンパンのジュレを流して仕上げます。


カクテルのような仕上がり♡キールアンペリアル♡

ここで少しですが、みなさんのショコラバナーヌをご紹介します。



どれも素敵で美味しそうですね(*´▽`*)
バナナの中に仲良しショットを発見!
最後の実習なので記念に一枚、素敵な笑顔ありがとうございます☆彡


≪本日のおまけ≫

なんだか顔に見えてしまって…可愛い♡
製作者命名「永沢くん」です(*´艸`*)



みなさん、お疲れ様でした。
昨日は写真が盛りだくさんで、アップが間に合わず(´;ω;`)…
今日は冬の最後のスクーリングを受講中…
1年目の方も2年目の方も講義の時間ですね。
お疲れかと思いますが、あと少しです。頑張ってください。
今日の様子は、夕方アップします!
izu

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ