ブログ

いわ散歩…お歳暮

関東と関西では文化が色々と違います。

和菓子で言えば…解りやすいのは桜餅。
関東の「焼き皮」に対し、関西は「道明寺」。
餅菓子でも関東は「雪平」を、関西は「外郎」を好みます。
その他では「練切」は関東、関西は「こなし」などなど…

和菓子以外の食では雑煮。
関東は「すまし」、関西は「白みそ」。
本当に色々と違いますよね。
因みに私は関東育ちですが、父方の祖母が京都出身なので白みそ派。

お歳暮の発送時期も違い、関東は12月初旬~、関西は12月13日~。
12月31日迄に必着なのは仲良く一緒です。

一見、学校はお歳暮と無関係な様に思われますが…贈りますお歳暮。
一年間お世話になった講師の先生方へ、長崎カステラを。
とは言っても、和菓子の講師にカステラは贈りません。

本校には、和・洋・パンの実技講師と学科講師がいらっしゃいます。
当然カステラは洋・パン講師に、和と学科講師には洋菓子とパンの詰め合わせを。

お店で見るカステラの主流は1斤。
カステラを数える時の基本単位になります。

カステラには多種の枠が有ります。
4・8・10・12斤等、
枠の大きさで仕込みと焼成の手間は変わりません。

学校のカステラ枠は4斤と10斤。
4斤は学生授業用、お歳暮は10斤で焼成します。


今年は10斤×25枚。
焼き上がりは、こんな感じ。
(写真は昨年のもの)


カステラの仕込み焼成、包丁は普段の仕事なのでサクサク進みます。
10斤からは2斤×4本と1斤×2本が取れます。
※皆さん大好き切り落としも少々。

その後の進物包装(特に箱折り)は不慣れな仕事。
でも、それが若手の勉強に繋がります。

下の写真は2斤箱。


この他に1斤箱も折ります。

お歳暮作りは講師の先生方への感謝の気持ちが一番の目的、
それ以外に若手職員のチャンスの場でもあります。

ベテラン職員と一緒に、仕込みや焼成をして経験を積んでいきます。
学校にとっては、とても大切な行事なんです。

日菓専は東京にありますので、関東の慣習にならい今週末に発送予定です。
ささやかな贈り物ですが、喜んで頂けたら幸いです。


今日の1枚。
散歩中に見つけた、ホッコリする1枚。


紅葉が終わると散歩が寂しいなぁ…と思う師走。

和菓子屋らしく、もう1枚。
来年の干支菓子「丑」。


白黒模様を亀甲型で打ち、寿を押して仕上げました。

お歳暮のブログを書いてると、ふと退職した職員を思い出します。
カステラの切り落としを、こよなく愛していた職員を。
milkにディップ。

切り落としは、毎年職員のお歳暮になります。

文化の違いで思い出した事が。
電圧も違って苦労したなぁ~
これが理解できる人は、それなりの人生経験者なり。

お後がよろしいようで。
おしまい。

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ