ブログ

';

3度目の学園祭

みなさん、こんにちは。
すっかりお寒うなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

先日開催されました、初のオンライン学園祭と、それに伴うコンテスト作品の製作の様子をご紹介します!

10月20日まで、時を戻そう…

12名の学生一人一人が、8日間かけて1台の作品を作り上げました。
マジパンデコレーションの学生がほとんどでしたが、それぞれに考えた細か~~いパーツを地道に作っていました。

作っているのは、タイルのようです。これを乾かして、レンガのように張り付けていました。

、、、細かすぎて、遠目では何を作っているのか判別不明です。人形かな?


木の幹を、細く伸ばした茶色のマジパンで表現中。


きのこや色づいた葉、果物が、秋を表現していますね!
立っている口金のサイズから、パーツの細かさがお分かりいただけると幸いです。


穴の開いた卵も、マジパン製です。薄くて繊細です。


どの学生も、人形や動物の表情を付けることが、入学当初と比べて、各段に上達していました!


土台のサイドに付けるパーツにも、抜かりがありません。


そろそろ、全体像が見えてきた模様ですね!もう一息!!


こちらは、唯一のバタークリーム仕上げ中。

上面のメッセージのパイピングを終え、細かな模様に移っているようです。

側面にも、細かなパイピングを絞って。

土台を美しく作るために、何度もやり直しをして苦労していましたが、最終的には、しっかりと角の立った作品に仕上がりました。

そして、時は経ち、11月3日。学園祭当日を迎えます。

ライブ配信と、後日、作品の完成までを早回しするための撮影を行ないます。

ハイテクニカル科は、第5実習室でIクラスと一緒に。

テーブルに今までの作品を並べて、ハイテクゾーンをキープ(笑​)

学園祭スタートまでの準備時間は皆、リラックス(^o^)


デモンストレーションで使うためのチョコレートを、テンパリングしておきます。

近くで、Iクラスの学生が『ハイテクニカル科になると、こんなに大量のチョコをテンパリングするのか~』と、密かに見ていました。

さて、11時から学園祭がスタート!ぼちぼちと、1年生や2年生が見学に訪れます。キープ ソーシャルディスタンス!

入り口を入ってすぐ、汽車の組立てを見学。

屋根のカーブは、半固まりのチョコレートをセロハンごと被せて、しっかりと固めることで、骨組みにフィットします。


となりでは、薄くて細い、カラフルなチョコレート片を組立てた花を制作中。


前半チームそろって、はいポーズ(^o^)


後半チームチームは、宇宙イメージの球の接着と、型取りのデモンストレーション。


もちろん、花も継続中。


チョコの型に色素を吹き付けたものに、テンパリングしたチョコレートを絞り入れ、

型をひっくり返して、余分なチョコを落とします。

型の周りについたチョコをスケッパーできれいにして、固めます。

見学中の1年生も足を止めて、見入っていました!

制作中のお花。

ピカピカのボール。地球と土星と火星と…冥王星?


最後の30分は、作ったパーツを使って、みんなで組立て!

ここでいいですかー?

もうちょっとななめにしようかー

付けるパーツはあれど、どこに付けるかを迷いながら、あっという間に30分(ちょっとオーバー気味でしたね)

完成して、達成感~(^o^)/


コンテストの表彰式では、我らが委員長が受賞者に賞状を読み上げ、表彰しました。

最優秀技術賞のヒョウさん。


作品の写真がなくてごめんね(..;)三段の卵がのった作品です。

優秀技術賞の迎さん。

表彰式の写真がなくてごめんね(..;)

大衆賞(学生たちの投票で選ばれました)の中村君。

デモンストレーション中は、学園祭の実行委員として活動していた仲間たちも合流して、最後に記念撮影♪

日本菓子専門学校の学生生活最後の学園祭は、楽しめましたか?

sugi

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ