ブログ

';

魅惑のチョコレート

みなさん、こんにちは。

9月の授業風景のストックが溜まっておりますので、できる限りアップしていきたいと思います。
第一弾は、9月中旬の授業をご紹介いたします(^_^)

溢れ漂う、チョコレートの香り❤

数々のボンボンショコラと、型抜きチョコレート!

講師の先生は、ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマの土屋先生です。

毎年、5月頃にお越しいただいていましたが、今年はコロナに伴う休校の影響で、後期に授業をしていただきました。

絞っているのは、プレーンなガナッシュを適度に泡立てたもの。丸く絞り、トリュフになる予定です。

土屋先生が絞ると、一つ8gになります!みんなはどうかな?

ガナッシュが固まったら、テンパリングを取ったスイートチョコレートを薄くまぶし、ココアの中へ。

取り出せば、コロンとしたトリュフナチュールの出来上がり!(>_<)!

板状に流したガナッシュは四角くカットして、チョコレートの中へ。引き上げて全体にまんべんなくコーティングします。

「トランペ」という工程ですが、全員で交代しながら、トランペしました。

型抜きタイプのボンボンショコラも。

中には、アーモンドとヘーゼルナッツのプラリネが入っています。

型抜きタイプのボンボンショコラの、ガナッシュを絞り入れた上にチョコをコーティングする作業中。

平らにムラなくコーティングするには、力の入れ具合や動かし方、型を持つ場所など、いろいろなコツがあります。


最後は、一人ひとつ、自分で選んだ型を型抜きしました。

これまでの授業では、ボンボンショコラ用の小型の型抜きは行ってきましたが、大きめサイズは初めて体験する学生がほとんど。
型にハケでチョコレートを塗ってから、たっぷり流して、周りが程良く固まったところで余分なチョコレートを落として、しっかりと固めます。

作った製品を、カカオ豆などと一緒にディスプレイして!(^^)!

これから冬に向けて、チョコレートがますます美味しく感じる季節ですね♪

sugi
 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ