ブログ

';

インターンシップ制度を利用して製菓現場への就職に役立てる


パティシエを本格的に志している方であれば、就職する前にインターンシップに参加してみましょう。こちらでは、インターンシップの概要や魅力についてお話しします。
■インターンシップとは?
まずは、インターンシップの基本的な情報について知っておきましょう。
インターンシップとは、「就労体験」です。インターンシップに参加すると、特定の現場・業界での仕事を体験できます。基本的には、将来就職する可能性がある業界の仕事を就職に先立って体験するための機会です。
1日単位から長期のものまでさまざまであり、長期の場合は夏季休暇・冬期休暇を利用することもあります。数は多くありませんが、実際の就労のように賃金が出るインターンシップもあります。
■インターンシップのメリット
インターンシップには、どのようなメリットがあるのでしょうか。以下では、パティシエを目指す専門学生がインターンシップに参加するメリットについてお話しします。
・業界・企業研究になる
インターンシップに参加する経験自体が、その業界・企業の研究につながります。パティシエ志望者の場合は、将来携わりたい特定のお菓子作りの仕事や、特定のお店そのものを知るための絶好の機会となるでしょう。
・先輩パティシエとのコミュニケーションができる
製菓専門学校ではお菓子作りのさまざまな技術や知識を学べますが、やはり現場に出てから学ぶこともたくさんあります。インターンシップでは、そうした現場の声を先輩パティシエのとのコミュニケーションを通じて知ることができるでしょう。
・就職活動に役立つ
上述したような経験や知識が得られることから、パティシエとしての就職活動で役立つことも少なくありません。さまざまな面で、インターンシップに参加した経験が有利に働くはずです。稀ではありますが、交流によって信頼関係ができることから、インターンシップ先がそのまま就職先になることもあります。
・在学中に必要な努力が見えてくる
インターンシップに参観すると、パティシエとして不足している知識や技術が明確になるはずです。専門学校で学んでいるうちに、しなくてはならない努力が見えてくるでしょう。
■製菓専門学生のインターンシップ先
製菓専門学生のインターンシップ先として以下のような現場が挙げられます。
  • 洋菓子店
  • 和菓子店
  • ホテル
  • パン屋さん
同じ製菓の現場といってもそれぞれ仕事内容は異なります。希望就職先が決まっている場合は、可能な限り同じ業界をインターンシップ先として選びましょう。
***
日本菓子専門学校でも、インターンシップの機会を学生の方に提供しています。就職前のインターンシップについて知りたい方は、ぜひお気軽に当校までお問い合わせください。オープンキャンパスでも、ご相談を受け付けております。
お申込み・お問い合わせはこちらから
https://www.nihon-kashi.ac.jp/taiken
 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ