ブログ

';

いわ散歩 菊の競演

今週も猛暑日が続く予報の中、みなさん如何お過ごしですか。

本日8月25日(火)は神奈川県の製菓衛生師試験日です。
今年はコロナの影響で東京都では無く、神奈川県で受験します。
残暑厳しい中、ハイテクニカル科・2年生諸君には頑張ってもらい、良い結果が得られるよう切に願っております。

職員は何をしているかというと、
通信教育の授業や新学期の準備を進めています。
そして、私はショーケースに追われていました。

今回の「いわ散歩」は和菓子ショーケース菊の競演です。

7月下旬、河合先生が「先生、今回のショーケース何を作りますか?」
その一言で急遽、第1回ショーケースミーティング開催。

私「9月だし鳥にする?」
河「先生、鳥好きですねぇ~去年も同じ事言ってましたよね」
私「え~覚えてないなぁ」
私「じゃあ、寒氷を千個くらい並べる?」
河「真面目にやって下さい!」
私「はい、スミマセン」

ここで田邉先生が「菊はどうですか」
私「ハサミ菊?」
邉「みんなで切りましょう」
河「切りますか」
第1回ショーケースミーティング終了。

私「河合先生、ねき練切を練るの大変だなぁ」
※ねき練切とは…ねきは水飴の事、水飴が多い展示用の練切。

河合先生が少し悪い顔で「任せて下さい、私に良い考えが…」
河「内村先生が学生配布用の練切を練るので、気付かれない様に上乗せして
おきます」
私「OK、バレない様にね」

寸劇が長くなりましたが、菊の競演をご覧下さい。
全体像は、こんな感じ。



左から田邉・河合・田中  各先生作。

今回は華やかにしようと、色遣いも派手にしました。

白・赤・緑、三色咲き分け。


こちらは白・赤・青…まるでサッカー強豪国の国旗ですね。

二つとも河合先生作。
たしか野球部だったような…

ここからは連続で。






最後は変わり種。


夜のイメージ。

9月8日(火)の放課後に、全ての菊に綿を被せます。
※9月9日は重陽の節句(菊の節句)、着せ綿という行事があります。
 着せ綿とは…菊に綿を被せ、香りや露を移し身体を拭いて長寿を願う。

如何でしたか?
若い職員に触発されて、久しぶりにハサミ菊を切りました。
皆さんスイスイ切って行く中、眼鏡を外し老体ならぬ老眼に鞭を打って。

今日の1枚。


8年前に切った巨大ハサミ菊。
製作時間、たしか2時間。

あの頃は眼鏡を掛けて切れたなぁ~の1枚。
お後がよろしいようで。

おしまい。



編集後記
内村先生にも気付かれず無事に終了しました。

ご協力ありがとうございました。
 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ