ブログ

';

朝は検温から始まります。

こんにちは、なかなか梅雨が明けない
今日この頃ですが皆様は如何お過ごし
でしょうか?
4月から2ヶ月間の休校期間を経て
6月1日から日本菓子専門学校でも
授業を再開させています。

製菓衛生師の養成校である当校では、
公衆衛生学や衛生に関するスペシャ
リストの先生方の助言を頂き、最初
に行ったのが毎日の職員と学生の消
毒殺菌と検温・問診です。

学生数が多いので全体を半分に分け
て、時差登校を学生にしてもらって
います。
入校時にアルコールでの手指の消毒
・殺菌

アルコールの噴霧も手をかざすと
自動で噴霧する専用機を設置して、
ポンプを前の使用者が触らない様
にしています。


手指の消毒を行いながら、職員が
非接触型の体温計で検温を行います。


職員が検温時の体温を確認して学生
に伝えます。
この時も学生に声をかけて体調の変化
を確認しています。


学生は自分のクラスの担当職員の所
へ移動します。
この時も密にならないように、入っ
てくる学生を担当職員が誘導してい
ます。


学生達は伝えられた体温を職員に告げ
て、職員は咳が出るか?倦怠感は無い
か?呼吸に異常は無いか?を問診して、
学生の表情や声を聞いて健康かチェッ
クをしていきます。

この時に体温が高かったり、問診の
項目に異常がみられる時は保健室へ
移動して再度検温と詳しい問診を行
います。
責任者が最終確認して病院へ通院連
絡をするか、帰宅をさせて自宅で様
子みるかの判断を下すことになりま
す。

とても大変ですし手間のかかる作業
ですが、安全を担保するためには必
要最低限の作業です。

ブログの再開が堅苦しい内容で申し
訳無いですが、最初に学校が今大切
にしている事を皆様に知って頂きた
いと思い、今回のブログ更新となり
ました。

次回からは再開した授業内容や製品
をメインにしたブログにしようと思
っていますので、宜しくお願い致し
ます。

1学年 Cクラス担任 中村がお送り
いたしました。

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ