ブログ

';

2020年度 製菓衛生師コーススクーリング-⑧

8月24日(月)スクーリング3日目

★★1年目の方は【食品衛生学④】【栄養学②】★★
担当は前回と同様、食品衛生学は大野先生、栄養学は橋本先生です。

今日は、講義室全体の雰囲気をアップしてみました。
感染症抑止対策として、間隔を空けて着席していただいてます。
出入口扉解放、前後に扇風機を設置して空気の入れ替えを促しています。


★★2年目の方は【パン基礎②】★★
テーマは『ハードパン』『応用中種法』です。

【ゼザムブロート】【パネトーネ】
【クロワッサン】


担当は、千葉先生≪Aクラス≫、鈴木副校長≪Bクラス≫です。

まずは、パネトーネです。

材料を混ぜ合わせて、さらに仕込んでおいた中種と合わせて、本捏ね開始です!


とにかく手につく生地ですが、よく混ぜ合わせていきましょう。
大人になると、手がベタベタになるほど何かを触ることもないので、みなさんとても楽しそうです♪


捏ねる作業も体力勝負。
ストレス解消!と、言わんばかりに力いっぱい捏ねています(≧▽≦)


よく混ざったら、弾力が出るまで、たたいてまとめます。
たたきかたにも、ちょっとしたポイントがあります。


レーズン、オレンジピールを加えてから発酵させ、分割して丸めていきます。


紙型に入れて、発酵させてから焼成です。
ふんわり食感のパネトーネ、焼き上がりが楽しみです♥

続いて、ゼザムブロート。

生地の中も外もゴマがたっぷり、とても香ばしいパンです。
食事パンとして食べても、美味しいですね。

最後は、クロワッサンのデモンストレーション。
鈴木先生が説明している横で、迎井先生が実演してくれています。

シート状のバターを包んだ生地を、パイシーターを使って伸ばしていきます。
パイのようなサクサクの食感を出すために、折って伸ばす作業を繰り返します。


折り上がったら、三角形にカットして成形します。
成形は、受講生のみなさんにやっていただきました。


発酵させてから、焼成していきます。オーブンの中で、ふんわりと焼けてきています。
焼きたてを、サクッ!といきたいですね。


フランスではバターを使用したものは真っすぐに、
マーガリンを使用したものは、三日月形に成形されているそうです。


みなさん、お疲れ様でした。
スクーリング3日目、お疲れではないですか?
朝は涼しかったのですが、やはり気温が上がってきましたね。
ゆっくり休んで、残り2日間、頑張りましょう!

第10実習室より、夏らしい空をお届け…
明日もお待ちしています。
izu

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ