ブログ

';

2020年度 製菓衛生師コーススクーリング-④

~8月1日(土)スクーリング4日目~

★★1年目の方は【食品衛生学②】【衛生法規②】★★

前回と同じく、【食品衛生学】大野先生、【衛生法規】小野内先生です。

★★2年目の方は【洋菓子③】★★
テーマは『クッキー』

【ガレット オ ブール】【シュネーバーレン】【チュイール オ ザマンド】
【ホ―レンダーザントゲベック】


担当は、尾崎先生≪Aクラス≫と平岡先生≪Bクラス≫です。

今日は、クッキーシリーズ!たくさん仕込みますよ~

笑顔でスタート!
ホ―レンダーザントゲベックのバニラ生地と、ココア生地を仕込みます。
みなさん、手際が良いので、手の部分がブレてしまってすみません(´;ω;`)ウゥゥ


粉合わせは、ヘラやカードを使って、押しつけるようにすると混ざりが早いです。
できあがった生地は、冷蔵庫で休ませましょう。


冷えた生地を丸や四角の棒状に成形します。
再度、冷やし固めてからカットして、組み合わせていきます。


切って貼り合わせたり、巻いたり…頭の中が混乱してきそう。
そんな中、なにやら楽しそうにオリジナルのデザインを模索しているようです( ̄▽ ̄)ニヤリ


色々な模様が出来ました。カットして焼き上げましょう!


鉄板に並ぶと、可愛い♥と、思うのは私だけでしょうか?
焼き上がりが楽しみです♪

こちらは、シュネーバーレン。

ココアとダイスアーモンドがたっぷり入った生地を、分割して丸めます。


均等に熱が入るように、間隔よく並べてください。
コロコロ、コロコロ…なんだか楽しそうです♪


焼き上がりはこんな感じ、このままでも美味しそう(´∀`)


少し熱が抜けたら、粉糖をまぶして、シュネーバーレン(雪の玉)の出来上がりです。

続いて、ガレット オ ブール。

どの生地も仕込みは、ほぼ同じ…
和菓子科の私には、どれがどの生地なのか、わからなくなりそうです( ノД`)


厚く伸ばして、型で抜き、カップに入れて焼き上げます。
バターたっぷり、サクサク食感のお菓子です。

最後は、チュイール オ ザマンド。

オレンジ果皮とスライスアーモンドが入った、軟らかい生地を
フォークで薄く広げます。


「チュイール=瓦」。焼き上がったら、熱いうちにカーブをつけて「瓦」の形にします。
ここはスピード勝負です!頑張りましょう。


カリカリとした食感とアーモンドの香ばしさがたまりません。
特に、焼きたてが美味しいですね。


みなさん、お疲れ様でした。
今日は、久しぶりに青空を見ることができました。
長かった梅雨も明けましたね。
明日は最終日です。
izu

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ