ブログ

';

2020年6月 技術コーススクーリング-1

みなさん、こんにちは。蒸し暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
新型コロナウィルスの感染拡大により、しばらく休校となっていましたが、6月1日より再開となりました。
通信教育でも、受講生・教職員の健康と安全、感染抑止に留意しながらスクーリングを進めていきたいと思います。

6月13日(土)製菓技術コース製菓技術基礎コーススクーリングが開講されました。
(製菓衛生師コース振替スクーリング同時開講)

★★1年目の方は【製菓理論⑦】【洋菓子基礎④】★★
午前中は、ナッツ類などの材料学と、スポンジなどの実技理論について学びます。

担当は、昼間部洋菓子科の酒井先生です。
ソーシャルディスタンスをとっての受講になります。


午後は実習、引き続き酒井先生が担当します。

本日の製品は『ガトウフレーズ』♡


まずはスポンジを作ります。

今日は卵3個分の泡立てを、ミキサーを使わずに手立てで仕込みます。
午前中に学んだ製菓理論を思い出しながら、実践で確認していきましょう。


泡立てるという作業はとっても大変で、ミキサーなら、あっという間だと思います。
でも、手立てをすることによって泡立っていく様子を目で見て、また体で感じることができたのではないでしょうか?


トルテ型に流したら、焼成です。​ふっくらと焼き上がりますように…


スポンジが焼き上がるまで、ナッペの練習です。
クリームの量やパレットナイフの使い方など、助手についている笹生先生も丁寧に指導してくれます。


ジャーン!美味しそうに焼き上がりました。


さあ、スポンジをスライスして仕上げていきましょう。
仕上げの時間が一番楽しいのではないでしょうか?泡立ての疲れも忘れちゃいますね。
※注) 今回のみ、コロナウイルス感染抑止対策として、1人1テーブルでの作業を行いました。

★★2年目の方は【洋菓子⑥】★★
テーマは『パイ』

【ポワソン】【ショーソン イタリアン】

こちらはまず、パイ生地を仕込みます。

担当は、昼間部洋菓子科の尾崎先生です。
ポワソンのパイ生地を仕込んでいます。


折り込み用のバターを成形する方と、生地をこねる方に分かれて作業します。
※注) 今回のみ、コロナウィルス感染抑止対策として、1人1テーブルでの作業を行いました。


今日は蒸し暑く、パイを作るにはちょっと大変な日となりました。
冷蔵庫でしっかり冷やしながら、バターを折り込みます。折って休ませ、また折っては休ませ…
きれいなパイ層を作るために、焦らず、ゆっくりと作業をしていきましょう。


魚の形をした、素敵なパイケースが焼き上がりましたね。
フランスでは、4月1日に魚を形どったチョコレートやパイ製品を親しい人達に贈る習慣があるそうです。
では、仕上げの時間と参りましょう。


カスタードクリームをたっぷり絞り込み、色鮮やかなフルーツを飾ります。
マジパンで目をつけたら『ポワソン』の出来上がり!
あれ?尾崎先生お疲れなのかな。魚が困った顔をしているような…
目で色々な表情を作ることができて、楽しいですね♪

『ショーソン イタリアン』製品写真のみですみません。
代わりと言ってはなんですが…

シーズンは終わってしまいますが、みずみずしいイチゴの写真をアップしました。
ガトウフレーズ、ポワソンを彩ってくれました。(個人的な癒しの写真ですみません)


受講されたみなさん、お疲れ様でした。
また、コロナウィルス感染抑止のため、消毒、検温、マスク着用に
ご協力をいただきまして、ありがとうございます。
次回のスクーリングは6月27日(土)です。
izu

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ