東京・二子玉川にある日本で唯一菓子業界が設立した学校

ブログ

';

ブーランジェってどんな仕事?


パン食が定着している日本で欠かせない職人が「ブーランジェ」です。こちらでは、「ブーランジェ」という仕事についてお話しします。

ブーランジェとは
「ブーランジェ」とは、「パン職人」を意味するフランス語です。日本でも、パン職人を意味する言葉として定着しています。また、パン屋さんのことをフランス語では「ブーランジェリー」と呼びます。
知らない方が多いかもしれませんが、日本は世界でもパンの種類が豊富な国です。世界中のパンが日本で食べられるといわれています。日本で開発されたパンも少なくありません。
そのため、日本にはブーランジェが活躍できる現場が数多く存在します。代表的な現場は、ホテルのベーカリー、チェーン店、個人店などです。

ブーランジェのやりがい・魅力
ブーランジェはとてもやりがいのある人気の職業です。具体的なやりがいや魅力をご紹介します。

・デリケートなパンを扱う職人
パンはイースト菌を発酵させて製造します。膨らみ方や状態は温度、気候などによって変わるため、パンはとてもデリケートな食品です。しかし、商品として提供する以上、どんな条件でも一定の品質を保たなければなりません。
ブーランジェはそんなパンを常に同じ状態に整えるプロフェッショナルです。知識と経験が求められる職業ですが、酵母の状態を管理する業務のなかでは常に発見があるでしょう。

・人々を幸せにする食品を提供できる喜び
ご紹介したとおり、日本ではパンが暮らしに定着しており、すでに主食のひとつといえるレベルです。同時に、どのパンも手ごろな価格で提供されています。人々の暮らしに欠かせない人気の食品を提供できることは、大きなやりがいにつながるのではないでしょうか。

製菓専門学校を卒業してブーランジェに
ブーランジェになるためには、製パン科を設けている製菓専門学校に入学するのが一般的です。生活に定着しているパンですが、出来上がるまでは決して簡単ではありません。製パン科では、パン作りの工程に求められる知識と経験をひとつずつ学ぶことができます。
卒業後、パン製造の現場に出てさらに経験を積み、晴れてブーランジェとして活躍することができます。経営や指導など実地での経験を積めば、個人のベーカリーを開業することも夢ではありません。

ブーランジェのお仕事に興味をお持ちの方は、ぜひ日本菓子専門学校の製パン技術学科をご検討ください。現場を強く意識したカリキュラムを実施しており、卒業生たちは実際にホテルのベーカリー、個人店などさまざまな現場で活躍しています。興味のある方はぜひ、オープンキャンパスに参加してみてはいかがでしょうか。

お申込み・詳細はこちらから
https://www.nihon-kashi.ac.jp/taiken

 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ