東京・二子玉川にある日本で唯一菓子業界が設立した学校

ブログ

';

2020年2月 技術コーススクーリング

皆さん、こんにちは。
立春を過ぎたとはいえ、暖かさと肌寒さが、もう春のような今日この頃、
いかがお過ごしでしょうか。
さて、先日開講されたスクーリングのご報告です。
 
2月15日(土)製菓技術コース製菓技術基礎コーススクーリングが開講されました。
(製菓衛生師コース振替スクーリングも同時開催)
 
~1年目の方は【製菓理論⑥】【和菓子基礎③】
 
午前の座学では、甘味料、平鍋焼菓子の理論を学びます。
担当は、岩崎先生です。
 
午後の実習は、憧れの和菓子♡
【 どら焼き 

午前に引き続き、担当は岩崎先生です。


まずは、どら焼き用の粒餡を練っていきましょう。

午前の終わりに、蜜漬けしておいたものを、火にかけます。

餡練りは、初回が小豆の漉し餡でしたが、2回目は粒餡です。
小豆の粒が残るよう、適度に混ぜることが大切!


助手の菊島先生河合先生も、班を回ってアドバイスしてくれています。

羊羹を流す「羊羹船」という長方形の容器に、練りあがった餡を流します。

しっかりと、粒々していますね(*^^*)

どら焼き用の粒餡は、お饅頭や大福などで使う餡よりも、かなり柔らかめ。


どら焼きの皮に挟むと、水分がいくらか皮に移り、餡が締まりますので、
その分を考慮した固さに、練り上げるわけです。

では、その皮を焼いてみましょう!

岩崎先生のお手本を、皆さんじーっくりと観察中…

先生の焼き上がりは、真ん丸のきつね色!!

でも、初めてですから、ちょっと楕円でも、しっぽが生えてても大丈夫!
さあ、レッツ チャレンジ(^▽^)/

と言いながらも、皆さんとってもお上手です!!

エイっとひっくり返すタイミングも、焼いているうちに段々とわかってきますね♪


焼き上がった皮に、先ほどの粒餡を挟んで、仕上げましょう♪


「特製どら焼き」袋に入れれば、完成です(*^^*)

ご自宅で、自家製どら焼きを楽しんでくださいね♪
 
 
~2年目の方は【洋菓子④】
テーマは洋菓子の定番!バターケーキです(^▽^)

【レーリュッケン】【リンツァートルテ】
【フィナンシェ】【マドレーヌ】
 
担当は、酒井先生です。
今日は、一人ずつ仕込むお菓子と、二人で協力して仕込むお菓子と、
全部で4種類も作ります!

こちらは、各自で仕込む、リンツァートルテ

混ぜたり、ふるったり、集中して仕込みの作業中です。

仕込んだ生地の半量を型に絞ったら、ラズベリージャムを絞り入れます。


ラズベリージャムの上にも生地を絞り、クルミを振りかけて、焼き上げます。

さあ、オーブンへ入れて~


ちちんぷいぷい~

こんがりと、美味しそうに焼き上がりました~(*^▽^*)

クッキーとバターケーキの中間のような食感の、リンツァートルテです。

お好みの飲み物と一緒に召し上がれ~♪

こちらは、細長い形のバターケーキ。

ココアの生地と、アーモンドたっぷりの生地を組み合わせて絞ります。

こちらも、オーブンでちちんぷいぷい~


型に貼り付けたスライスアーモンドの水玉模様と、型の波模様が
鹿の背中に似ていませんか?

レーリュッケン」は、ドイツ語で、「のろ鹿の背」という意味なのです。

バターケーキの中央をV字に切り取り、キルシュ風味のシロップと
バタークリームでデコレーションをして、仕上げます。

ひと手間かかった、バターケーキですね♪

こちらは、焦がしバターが特徴の焼菓子。

深めの鍋で、バターを焦がしましょう。

焦がしバターと、卵白や砂糖、粉末アーモンド等を混ぜた生地を合わせて。


小型の長方形のくぼみに絞り入れて…さて、何のお菓子か、もうお分かりですね?


金の延べ棒をかたどった、フィナンシェでした!

焼きたてはもちろん、翌日以降のしっとり焼き戻ったものも、美味しいですね(*^^*)

貝殻の形をした型に絞っているのは、レモン果皮で風味づけしたマドレーヌ


高温で一気に焼き上げることで、中央がポンっと大きく膨らみます。

富士山がたくさん並んでいるようにも見えるのは、県民性でしょうか…(笑)

こんなにたくさん、焼き上がりました!

この量で、二人分です!フィナンシェも同じくらいの量、お持ち帰りになりますので、
今日はおみやげいっぱいですね(^^♪

ほのかなレモンの香りが上品な、マドレーヌです。


受講された皆さん、お疲れ様でした。
今年度は、今月中にもう一回、3月分のスクーリングを開講予定です。
(年度によっては、3月のスクーリングを2月末に開講いたします。)
 
次回は2月29日です。お待ちしております! sugi

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ