東京・二子玉川にある日本で唯一 菓子業界が設立した学校

ブログ

';

パティシエを目指すあなたへ! 仕事のやりがい・魅力をご紹介します。


パティシエとは、自分のイメージしたスイーツを技術や知識を駆使して形にする、クリエイティブな仕事です。今回はパティシエの魅力について解説します。パティシエを目指している人はぜひ、参考にしてみてください。

パティシエの仕事は大変?
パティシエは、専門的な知識や技術を持つクリエイティブな仕事で、海外ではステータスの高い職業として尊敬されています。
しかし、重い材料を運んだり大量のクリームを混ぜ続けたりするなど、体力勝負の側面もあります。また、パティシエの世界ははっきりとした師弟関係があるため、考え方の違いがあってもシェフパティシエには従わなければならないなど、厳しい世界でもあります。さらに、お客さんからおいしいと言われるまでの道のりは、それ以上に厳しいものです。

パティシエのやりがい・魅力とは
では、パティシエのやりがいや魅力はどんなところにあるのでしょうか。

1.大好きなスイーツに囲まれて仕事ができる
毎日大好きなスイーツに囲まれて仕事ができれば、それだけで幸せな気分になりますよね。スイーツを作り上げ、お客さんに購入していただくことはこの上ない喜びとなるでしょう。大好きな仕事で、自分もお客さんも笑顔になれる職業です。

2.自分の考えたスイーツが商品になる
商品開発部やトップパティシエが企画することもありますが、パティシエとしてのセンスや技術が高ければ、自分でスイーツを考えて商品化することができます。店の商品として販売する以上、クオリティや味を厳しくチェックされますが、売り上げに貢献できる器として実力を認められることは、この上ないやりがいを感じるものです。

3.お客さんの幸せに寄り添うスイーツを作れる
例えば、子どもの誕生日ケーキ、恋人と過ごすためのクリスマスケーキ、田舎のおじいちゃん、おばあちゃんへお土産のスイーツなど、パティシエという仕事は常にお客さんの幸せに寄り添ったスイーツを作ることができます。そして、その瞬間を最高の思い出にするためのお手伝いができるのです。

4.自分のセンスを生かして仕事をできる
パティシエは、卵やバター、砂糖、小麦粉、クリームなど限られた食材で独創性に富んだスイーツを作り上げていきます。また、センスを生かして、世界で一つしかないスイーツを生み出すことも。パティシエのセンスは「味」はもちろんのこと、見た目の「デザイン」にも反映されます。芸術的なセンスも問われる職業と言えるでしょう。

5.手に職を付けることができる
専門性の高いパティシエは、一度技術を身に付ければ、働き口に困ることはありません。もちろん、常に技術を磨いていく必要はありますが、専門的な知識を生かして自分で店を持つことも可能です。また、専門学校で講師になるなど、知識を生かした仕事に就くこともできます。

パティシエは、スイーツで人を幸せにする職業です。一人前になるまでは、厳しい時間を経なければなりませんが、その分やりがいのある仕事になります。
パティシエという仕事に興味を持った方は、日本菓子専門学校のオープンキャンパスに参加してみてはいかがでしょうか。
お申込み・お問い合わせはこちらから
https://www.nihon-kashi.ac.jp/taiken







 

ブログ記事一覧

全て表示お菓子夢工房和菓子の心情熱パティシエ日記和菓子徒然にっき小さなパン教室通信教育ホットラインプロフェッショナルへの道お菓子にまつわるエトセトラ