活躍する卒業生たち詳細

活躍する卒業生たち詳細

活躍する卒業生たち詳細

フロイライン

加工品はできるだけ使わず「飾り物」も一つ一つ自分で作っています。「飾り物までおいしい」が売りです。また、イチゴや赤肉メロン、桃など、素材の味にはこだわりを持っているので、旬の時期しか作りません。

プロフィール

高橋 弘光(たかはし ひろみつ)/21期生
卒業後、日本菓子専門学校の助手として勤務。東京ヒルトンホテル、全日空ホテルなどを経て、平成6年念願の自分の店をオープン。

アピールポイント

加工品はできるだけ使わず「飾り物」も一つ一つ自分で作っています。「飾り物までおいしい」が売りです。また、イチゴや赤肉メロン、桃など、素材の味にはこだわりを持っているので、旬の時期しか作りません。
目指しているのは「ふだん着のお菓子」。お菓子を食べることが日常になってほしいと願っています。
店の名前は、娘が二人いて女系家族だから、ドイツ語で「お嬢さん」という意味でつけました。

菓子業界を目指したきっかけ

高校時代、通学途中にあった「パン屋」にあります。自分で作ったものを毎日店に出し、喜んでもらえたらという夢を持ち、ホテル修行などを経て、故郷の広島でそれが実現しました。今はお客様の喜びを直接感じられるのがうれしいです。

アクセス

お菓子工房「フロイライン」
〒738-0025広島県廿日市市平良2-10-48
▲ページTOPに戻る

所在地
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21
TEL.03-3700-2615(代) FAX.03-3700-8257

トップに戻る