ブログ詳細

ブログ詳細

オープンキャンパス日程一覧

  • 8月25日(日)09:00
  • [特別講習会]
  • スペシャルイベント 洋菓子コース
  • スペシャルイベント 洋菓子コース
  • ザ・リッツ・カールトン カパルア ハワイ エグゼクティブ ペストリーシェフの木津 慶和講師によるスペシャル企画。プロの講師による繊細で多彩な技をご覧いただきます!

  • 詳しく見る

2019年07月01日(月) | ブログお菓子にまつわるエトセトラ

スイーツが可愛く変身!食べられるお花、エディブルフラワー


料理やお菓子に添えられている可愛いらしいお花を見たことはありますか?
飾りかと思いきや、食べられるこのお花のことを、“エディブルフラワー”といいます。
今回はその栽培法や栄養価、そしてエディブルフラワー を使ったスイーツの種類をご紹介します。

エディブルフラワーとは?
エディブルは英語で「edible」と書き、「食べられる」という意味を持ちます。お食事のテーブルを華やかに演出してくれる、食べられるお花です。
約70種類あり、愛知県豊橋市が全国シェアの90%を占めています。

エディブルフラワーの栽培方法
農薬を一切使わないエディブルフラワーは、細心の注意を払いながら栽培されています。
・種まき:水、温度、肥料を細かく調整
  ↓
・育成:3~4ヶ月、農薬を使わずハウスでゆっくり丁寧に育成
  ↓
・手摘み:色や形などを見分けながら毎日、手で丁寧に摘まれる  
  ↓
・検品:食用のため、野菜と同じように虫がついていないか、新鮮でキレイか、ひとつずつ丁寧に検品。出荷前の大切な作業  

このように、一輪一輪丁寧に育てられているエディブルフラワー。食べられるようになるまでには、細やかな作業が必要なのです。
なお、一般に咲いているお花には毒性があるものも多いので、あくまでもエディブルフラワーとして育てられたもののみ、料理やお菓子に使われています。

エディブルフラワーが料理やお菓子 に適しているワケ
見た目が美しいだけでなく、実は栄養価も高いエディブルフラワー。ビタミンやミネラルを多く含むお花もあります。見た目の美しさと栄養で、心身ともに癒される美しい食材なのです。
人気のエディブルフラワーには、パンジーやスイトピー、マリーゴールドやキク、さくら、キンモクセイ…と、私たちに馴染みのあるお花もたくさんあります。

エディブルフラワーがスイーツに!
ババロアの中にきれいなまま保存された「花のババロア」や、押し花のようにキュートな「お花のクッキー」は、結婚式の引き出物にも大人気の商品です。
エディブルフラワーは生花やドライフラワーで購入できます。
スイーツは味のみならず見た目もとても重要です。エディブルフラワーを使用してオリジナルスイーツを作り上げるのも楽しそうですね! 
 
でもその前に、クッキーやスポンジ、ババロアなど洋菓子作りの基礎を学ぶことはとても大切です。
日本菓子専門学校の製菓技術学科では、一年目に洋菓子、和菓子、製パンの基礎を学び、2年目から洋菓子科、和菓子科どちらかを専攻することができます。
ぜひ、オープンキャンパスに参加してみてください。

↓お申込み・詳細はこちらから↓ 
https://www.nihon-kashi.ac.jp/taiken


▲ページTOPに戻る

所在地
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21
TEL.03-3700-2615(代) FAX.03-3700-8257

トップに戻る